MVNO(格安SIM)比較

MVNO(格安SIM)の基本情報やプラン、比較情報、最新情報、お得なキャンペーン情報などをご紹介しています。

HUAWEI(ファーウェイ)のスマートフォンが使えるMVNO(格安SIM)の比較

   

HUAWEI(ファーウェイ)が製造する「P8 lite」「honor6 Plus」「Mate S」などのSIMフリースマートフォンは、全体的にコストパフォーマンスに優れたラインナップで日本でも身近な存在になっています。

今回はそんなHUAWEI(ファーウェイ)製スマートフォンの動作確認済みのMVNO(格安SIM)を比較しやすいように、まとめてご紹介したいと思います。
すでにHUAWEI製のスマートフォンをお持ちの方で格安SIMを検討されている方にご参考いただければ幸いです。

なお、情報が更新されていたり、OSのバージョンや条件によっては、非対応だったり、テザリングを利用できない場合もありますので、事前に各WEBサイトをご覧ください。
また、動作を保証するものではございませんのでご了承ください。

 

HUAWEI(ファーウェイ)のスマートフォンが使えるMVNO(格安SIM)の一覧

 

楽天モバイル

楽天モバイル

最大受信速度200kbpsながらも、音声通話付きで、月額1,250円からと、格安で利用できるのが特徴です。また、「楽天でんわ」を申し込むことで、通話料が半額になったり、端末同時購入で申し込むと楽天スーパーポイントが貯まったりと楽天が提供しているサービスだからこそのメリットも多いのが嬉しいポイントです。
データSIMのみの場合、月額525円~と、他社と比較しても最安値クラスの格安料金で提供しています。

あらたに、5分以内の国内通話なら何度でもかけ放題になる「5分かけ放題オプション」や○○○@rakuten.jpのメールが無料で利用できるなど、さらにサービスが充実しました。

楽天モバイルで使用できるHUAWEI製スマートフォン端末

機種名 動作確認済みOS SIMカードサイズ テザリング
Ascend D2 HW-03E microSIM
honor6 Plus microSIM
Ascend G620S microSIM
Ascend Mate 7 microSIM
Mate S nanoSIM
Ascend HW-01E microSIM
P8 lite microSIM

 

楽天モバイルのプランを見る

 

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM
BIGLOBEが提供する広いエリアと安定したドコモ回線を使用したサービスで、データ通信のみと音声通話機能がついたプランを選ぶことができ、スマホやWi-Fiルーターのセット販売も行っています。

音声通話が付いたプランでも1GB/月ながら、1,400円から利用できるプランの他にも、最大で12GB/月の大容量プランも提供しているので、ライトユーザーはもちろん、ヘビーユーザーにもオススメのMVNOとなります。
BIGLOBEでんわを利用することで通話料金が半額になったり、よりお得なBIGLOBEでんわ通話パック、Wi-Fiスポットが追加料金なしで利用できるなどサービスも充実しています。

2016年2月からは、割込通話や留守番電話、国際ローミングも対応するなど通話オプションサービスも充実しました。

BIGLOBE SIMで使用できるHUAWEI製スマートフォン端末

機種名 動作確認済みOS SIMカードサイズ テザリング
Ascend D2 HW-03E Android 4.1.2 microSIM
Ascend G6 Android 4.3 microSIM
Ascend HW-01E Android 4.0.4 microSIM
Ascend Mate7 MT7-J1 Android 4.4.2 microSIM
Mate S CRR-L09 Android 5.1.1 nanoSIM
Nexus 6P(モデルH1512) Android 6.0 nanoSIM
P8lite ALE-L02 Android 5.0 microSIM/nanoSIM

 

BIGLOBE SIMのプランを見る

 

mineo(マイネオ)

mineo (マイネオ)
9月からはマルチキャリア対応となり、ドコモ回線を利用した「ドコモプラン」とau回線を利用した「auプラン」を選べるようになりました。
プランは500MB/月から10GB/月まであるので、ライトユーザーからヘビーユーザーまで対応できる豊富なプランも魅力となります。
また、現在の電話番号をそのまま利用できるのはもちろんですが、050のIP電話を月額基本料金が無料で利用できるのが特徴です。
余ったデータ容量は翌月に繰り越せたり、「パケットシェア」で家族の繰り越した分を分け合えることができるなど、サービスも充実しています。

mineoのドコモプラン(Dプラン)で使用できるHUAWEI製スマートフォン端末

機種名 動作確認済みOS SIMカードサイズ テザリング
Mate S Android 5.1.1 nanoSIM
P8max Android 5.1.1 microSIM
P8 Lite 【ALE-L02】 Android 5.0 microSIM
Ascend Mate 7 Android 4.4.2 microSIM
Ascend P7 Android 4.4.2 microSIM
Ascend G620S Android 4.4.4 microSIM
Ascend G6 Android 4.3 microSIM
Ascend D2 【HW-03E】 Android 4.1.2 microSIM ×
Ascend D2 【HW-03E】 Android 4.0.4 microSIM ×

 

mineo(マイネオ)のプランを見る

 

U-mobile(ユーモバイル)

U-mobile(ユーモバイル)

U-mobile(ユーモバイル)は、株式会社U-NEXTが運営するMVNOサービスで、音声通話付きLTE使い放題プランで月額2,980円とコストパフォーマンスが高いプランを提供しているのが特徴です。
また、月額料金が無料で国内通話料金が半額になる「U-CALL」やセキュリティサービス、サポートサービスなど充実したサービスも魅力。

他社と比較しても、格安SIMとセットで購入できるSIMフリースマートフォンが充実しており、分割払いで負担を軽くして購入することもできます。

U-mobileで使用できるHUAWEI製スマートフォン端末

機種名 動作確認済みOS SIMカードサイズ テザリング
Mate S nanoSIM
Ascend D2 HW-03E microSIM ×
Ascend G6 microSIM
Ascend HW-01E microSIM ×
Mate7 microSIM
M1 microSIM
X1 microSIM

 

U-mobileのプランを見る

 

OCN モバイル ONE

OCNモバイルONEのプラン・料金
大手プロバイダのNTTコミュニケーションズが提供する信頼感があり安心して利用できる。
プランも比較的多く、自分の使用するデータ量に合わせて料金も選べる。
また、「050 plus」「容量追加オプション」「ターボ機能」など、オプションやサービスも充実しているのが特徴です。
また、SIMカードとセットでスマートフォンやタブレット、WiFiルーターも購入することができるだけでなく、WiFiルーター・USB端末をレンタルして利用することも可能となっています。

2015年7月からは「カウントフリー機能」が提供され、通話料がお得になるIP電話サービス「050 plus」やオンラインストレージサービス「マイポケット」を使用しても、通信容量を気にすることなく利用できる新サービスも提供されました。

OCN モバイル ONEで使用できるHUAWEI製スマートフォン端末

機種名 動作確認済みOS SIMカードサイズ テザリング
Mate S Android 5.1.1 nanoSIM
P8max Android 5.1.1 microSIM/nanoSIM
EMUI 3.1P8 Lite Android 5.0 microSIM/nanoSIM
Ascend D2 HW-03E Android 4.1.2 microSIM
Ascend G6 Android 4.3 microSIM
Ascend G620S Android 4.4 microSIM
Ascend Mate7 Android 4.4 microSIM
Ascend P7 Android 4.4.2 microSIM

 

OCN モバイル ONEのプランを見る

 

FREETEL

FREETEL
2015年7月からfreetel mobileからFREETELという新しいブランドとなり、データ使用量に合わせた6段階の新料金プランもスタートしました。
FREETELは、とにかく格安を売りにしているMVNOで、業界最安値の月額299円(100MB)から利用することができます。
また、データ量は100MB~10GBの6段階の価格設定となっており、使った分だけ無駄なく利用することができるため、普段あまりインターネットをしない方や毎月のデータ使用量にバラつきがある方でも安心して使用することができます。
8月からは音声通話の国際ローミングに対応したため、海外でも音声通話やSMSを利用できるようになりました。

FREETELで使用できるHUAWEI製スマートフォン端末

機種名 動作確認済みOS SIMカードサイズ テザリング
HUAWEI GR5 Android 5.1 microSIM
Mate S Android 5.1 nanoSIM
Nexus 6P Android 6.0 nanoSIM
P8 Lite Android 5.0 microSIM/nanoSIM
honor6 Plus Android 4.4 microSIM/nanoSIM
Ascend G620S Android 4.4 microSIM
Ascend D2 HW-03E Android 4.1 microSIM ×
Ascend HW-01E Android 4.0 microSIM ×

 

FREETELのプランを見る

 

ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTEのプラン・料金
ぷららモバイルLTEは、LTE通信が無制限で、しかも定額で利用できるプランが特徴です。
インターネットや動画視聴の頻度が高く、制限なしで使いたい方にはオススメのMVNOです。
また、音声通話も対応しているため、090や080の電話番号も利用できます。
有害サイトやセキュリティ上危険なサイトをブロックする「ネットバリアベーシック」が無料で標準提供されたり、
動画配信サービスの「ひかりTV」のエントリープランも無料で標準提供されるため、映画やドラマ、アニメやバラエティなど約3,000本の人気作品が見放題で楽しむことができるのも大きな特徴となります。
スマートフォンやタブレット、モバイルルーターとSIMカードをセットで購入することもできます。

ぷららモバイルLTEで使用できるHUAWEI製スマートフォン端末

機種名 動作確認済みOS SIMカードサイズ テザリング
Ascend D2 HW-03E Android 4.1.2 microSIM
Ascend HW-01E Android 4.0.4 microSIM
STREAM X GL07S Android 4.1.2 microSIM
Ascend G6 Android 4.3 microSIM
Asecnd G620Ss Android 4.4 microSIM
Ascend Mate7 Android 4.4 microSIM
Mate S Android 5.1.1 nanoSIM
Ascend D2 HW-03E docomo版 Android 4.1.2 microSIM
Ascend HW-01E docomo版 Android 4.0.4 microSIM
Ascend P7 Android 4.4.2 microSIM
EMUI 3.1P8lite Android 5.0 microSIM/nanoSIM
P8 max Android 5.0 microSIM/nanoSIM

 

ぷららモバイルLTEのプランを見る

 

DMM mobile

DMM mobile
業界最安値クラスの格安プランから大容量のプランまで、多彩なプランがあるので、自分のデータ使用量に合わせてプランを選ぶことができます。
音声通話も対応しているので、キャリアからの乗り換えも問題なさそうです。
また、低速時でも快適に繋がる、「バースト機能」や一部の大容量プランの場合、高速データ通信容量を分け合える、「シェアコース」や「端末交換オプション」「セキュリティオプション」などサービスも充実している点も特徴的です。
業界最安値に強いこだわりがあり、他社が料金を下げると、それ以上に料金を安くすることが多くあり、とにかく毎月の携帯料金を抑えたい方にはオススメのMVNOとなります。

DMM mobileで使用できるHUAWEI製スマートフォン端末

機種名 動作確認済みOS SIMカードサイズ テザリング
Ascend G620S microSIM
Ascend Mate7 microSIM
Ascend P7 microSIM
Ascend G6 microSIM
Ascend D2 HW-03E microSIM ×
Ascend HW-01E microSIM ×
HUAWEI P8lite ALE-L02 microSIM/nanoSIM
Nexus 6P nanoSIM
KII-L22 microSIM

 

DMM mobileのプランを見る

 

NifMo(ニフモ)

NifMo(ニフモ)
初めてのスマホでも安心の「NifMo 訪問レクチャー」や水濡れ、故障、破損、落下などの機器のトラブルも安心「NifMo あんしん保証」などのオプションがあり、初めてスマホを持つユーザーも安心できるオプションサービスがあるのが特徴です。
中でも一番の特徴は、お買いものをすると、携帯料金が安くなる「NifMo バリュープログラム」があり、使いようによっては、毎月の携帯料金がさらに安くなる場合もあるので、オススメです。

2015年7月からは、「データ繰り越し」が可能となり、その月に使い切らなかったデータ通信量を翌月まで繰り越すことができ、無駄なく利用できるようになりました。
また、1.1GB/月のプランが新たに加わり、データ専用プランの場合、月額640円から利用できるようになり、他社と比較しても最安値クラスになりました。

NifMoで使用できるHUAWEI製スマートフォン端末

機種名 動作確認済みOS SIMカードサイズ テザリング
Ascend HW-01E Android、4(4.0.4) microSIM
Ascend D2 HW-03E Android、4.1(4.1.2) microSIM
Ascend G6 Android、4.3 microSIM
Ascend Mate 7 Android 4.4 microSIM
Nexus 6P H1512 Android6.0 nanoSIM
P8lite ALE-L022 Android5.0 microSIM/nanoSIM
GR5 Android 5.1 microSIM

 

NifMoのプランを見る

 

b-mobile

d-mobile
基本料0円SIMや無料通話付きのSIM、iPhoneユーザー向けなど、様々なタイプのプランがあり、とても充実しています。
家電量販店でも取り扱っているため、購入しやすいのも、b-mobileの特徴です。
また、通信速度200kbpsでの利用時に、Webアクセラレータを使用し、快適なwebブラウジングを実現しています。

b-mobileで使用できるHUAWEI製スマートフォン端末

機種名 動作確認済みOS SIMカードサイズ テザリング
nexus6P(SIMフリー版) Android 6.0.1 nanoSIM
Ascend HW-01E Android 4.0.4 microSIM
Ascend D2 HW-03E Android 4.1.2 microSIM
Ascend G6 Android 4.3 microSIM
Ascend P7 Android 4.4 microSIM
Ascend G620S Android 4.4 microSIM
Ascend Mate7 MT7-J1 Android 4.4.2 microSIM
8lite ALE-L02 Android 5.0 microSIM/nanoSIM
Huawei P8max Android 5.1.1 microSIM/nanoSIM
Honor 6 Plus PE-TL10 Android 4.4.2 microSIM/nanoSIM

 

b-mobileのプランを見る

 

IIJmio(みおふぉん)

IIJmioのプラン
音声通話機能付きやデータ専用SIM、SMS機能付きSIM、プリペイドSIMがあり、自分の好きなSIMが選べます。
また、多彩なプランと、余ったデータ量は翌月に繰り越せるなど、サービスも充実しています。
高速通信のデータ量を「クーポン」とし、高速・低速の使い分けや、クーポンがなくなっても買い足すことで高速通信が可能となります。
ドコモ回線を利用した、音声通話プランもあります。

新たに「みおふぉんダイアル」サービスも提供され、利用料も無料で、通話料金が半額で電話をすることができるようになりました。
2015年7月からは、スマートフォンとSIMをセットで購入することもできるようになり、様々なニーズに対応できるようになりました。

IIJmioで使用できるHUAWEI製スマートフォン端末

機種名 動作確認済みOS SIMカードサイズ テザリング
GR5 KII-L22 microSIM
Nexus 6P nanoSIM
P8lite ALE-L02 microSIM/nanoSIM
Ascend G620S microSIM
Ascend Mate7 microSIM
Ascend P7 microSIM
Ascend G6 microSIM
Ascend D2 HW-03E microSIM ×
Ascend HW-01E microSIM ×

 

IIJmioのプランを見る

 
これからHUAWEI製スマートフォンと格安SIMをセットで購入される方は以下のMVNOでセット購入することができますのでご参考ください。

HUAWEI Mate Sが格安SIMとセット購入できるMVNO
HUAWEI P8liteがセットで購入できるMVNO

また、HUAWEI製スマートフォンは「楽天モバイル」が多く取り扱っています。

 
※動作チェック済みリストは動作を保証するものではありません。
※実際の情報とは異なる場合がありますので、詳細は各WEBサイトをご覧ください。

 - MVNOの比較

1 楽天モバイル
楽天モバイル

5分以内の国内通話なら何度でもかけ放題になる「5分かけ放題オプション」あり

  •  ドコモ回線
  •  かけ放題あり
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額525円~

2 mineo
mineo

ドコモ回線を利用した「ドコモプラン」とau回線を利用した「auプラン」が選べる

  •  ドコモ回線
  •  au回線
  •  通話定額あり
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額700円~

3 BIGLOBE SIM
BIGLOBE SIM

家族の利用でお得になるシェアSIMで余ったデータ通信量を分け合える

  •  ドコモ回線
  •  おトクな通話パックあり
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額900円~

  関連記事

バースト機能の仕組み
バースト機能がある格安SIMを提供するMVNOのサービス内容や料金を比較

MVNOでは、各事業者によって便利なサービス・機能を提供していることがあります。 …

arrows M02
ARROWSのスマートフォン・タブレットが使えるMVNO(格安SIM)の比較

このページでは、富士通のスマートフォンやタブレット「ARROWS」シリーズの動作 …

1万円台で購入できる格安SIMフリースマホ
1万円台で購入できる格安SIMフリースマホ比較と購入できるMVNO

最近ではSIMフリースマートフォンが多く販売されるようになると同時に、格安な価格 …

Surface3 4G LTE
Surface3 4G LTEが使用できるMVNO(格安SIM)の比較

Microsoftの「Surface3 4G LTE」はタブレットながらエクセル …

U-mobileとb-mobileはどっちがオススメ?特徴や料金プランを比較
U-mobileとb-mobileはどっちがオススメ?特徴や料金プランを比較

格安SIMを提供するMVNOは様々なサービスがあり、ユーザーとしては自分に合った …

FREETELと楽天モバイル
FREETELと楽天モバイルどっちがおすすめ?料金やサービス、評判を徹底比較

データ量が100MB~10GBの6段階プランが特徴のMVNOサービス「FREET …

法人契約が可能なMVNO(格安SIM)
法人契約が可能なMVNO(格安SIM)の比較

格安な料金と豊富なプランが特徴の格安SIMは個人だけでなく、法人向けに提供してい …

MVNO(格安SIM)
au回線のMVNO(格安SIM)を比較

docomoやauなどの大手キャリアから乗り換えると毎月の携帯料金が1/3になる …

シェアが高いMVNO比較
【2015年3月調査】格安SIMのシェアが高いMVNO比較

2015年3月にMM総研が実施した国内MVNOの市場規模の推移が発表されておりま …

家族での使用にオススメのMVNO
家族での利用にオススメのMVNOとそのおトクな理由

料金が格安なMVNOの格安SIMは、大手キャリアから家族みんなで乗り換えて使用す …