MVNO(格安SIM)比較

MVNO(格安SIM)の基本情報やプラン、比較情報、最新情報、お得なキャンペーン情報などをご紹介しています。

MNP(ナンバーポータビリティ)で乗り換え可能なMVNO比較

      2017/09/20

大手キャリアからMVNOの格安SIMに乗り替えるだけで、毎月の携帯料金が1/3ほどになることも珍しくありません。
そのため、ドコモやauなどのキャリアからMVNOへ番号そのままで乗り替える方が増えています。

番号そのままで他社に乗り替える場合は「MNP(ナンバーポータビリティ)」という制度を利用することになります。

そこで今回は、MNP(ナンバーポータビリティ)についてや、MNPで乗り換え可能なMVNOを比較しやすいようにまとめてご紹介いたします。
 

MNP(ナンバーポータビリティ)とは?

MNP(ナンバーポータビリティ)とは、携帯電話会社を変更した場合、番号を変更することなく他社の携帯電話会社のサービスを利用できる制度のことです。

MNPで他社に乗り替える場合は、現在利用している携帯会社で「MNP予約番号」を取得し、移行先であるMVNOの申し込み時にMNP予約番号や予約番号の有効期限などを申告することで、番号そのままで乗り替えが可能となります。

今まで利用していた携帯会社は、手続きが完了した時点で自動的に解約となるため、解約の手続きは不要となります。

MNPで乗り換えた場合に発生する費用

MNPで転出する際、利用していた携帯会社にMNP転出手数料を支払うことになります。
MNP転出手数料は2,000円~3,000円ほどで、基本的には利用していたキャリアの最後の支払い時(口座振替の場合は引き落とし)に合算して支払うことになります。

また、乗り換え先となる新たに契約したMVNOでは、通常3,000円ほどの事務手数料+月額基本料金などが発生するため、MNPで乗り替える場合は最低でも8,000円ほどの費用がかかると計算しておいたほうが良いでしょう。

MNPを利用した乗り換えの主な流れ

MNPで番号そのままでMVNOに乗り替える場合の主な流れは以下のようになります。

なお、最近ではSIMカードが届いてから任意のタイミングでMNP手続きができるようになっています。
今回の例では、SIMが届いてからMNP手続きができるMVNOであることを前提としてご紹介しています。

MVNOによって若干流れが異なる場合がありますので、MNP手続きの詳細については各MVNOの公式サイトにてご確認をお願いいたします。

①MNP予約番号を取得する
【ポイント】利用中の携帯会社の契約期間や最低利用期間をチェックしておきましょう!

②MVNOに申し込む
【ポイント】取得した「MNP予約番号」には有効期限があるので、手続きはお早めに!

③商品受け取り

④MNPの開通手続き

⑤APN設定

⑥利用開始

MNPで他社へ乗り替える場合、まずは先程もご紹介した「MNP予約番号」を取得する必要があります。
「MNP予約番号」には有効期限があるので、取得後はできるだけ早いうちにMVNOに申し込みましょう。

MVNOの申し込みの際に、MNP予約番号と有効期限を入力します。

後日、申し込んだSIMカード、もしくはスマートフォンなどの商品が送られてきます。
任意のタイミングで、開通受付センターへ電話をするなどして(MVNOによって異なる)回線の切り替え手続きを行います。

MNP手続きが完了すると、利用していた携帯会社は自動的に解約となります。

MNPが完了したら初期設定(APN設定)を行います。
APN設定方法はSIMカードと一緒に送られてくるマニュアルなどを確認して設定しましょう。

APN設定については下記ページでも詳細をご確認いただけます。
関連情報:iOS/AndroidのAPN設定の流れ

APN設定が完了すれば、契約したSIMが利用できる状態になっているはずです。

以上がMNP転出から利用までの大まかな流れでした。

スマートフォンによっては予め主要なMVNOのAPNが設定されている場合があります。その場合、APN設定は不要でそのまま使うことができますよ。

 

MNP(ナンバーポータビリティ)で乗り換え可能なMVNO

MNP(ナンバーポータビリティ)で乗り換えが可能なMVNOをまとめています。

UQ mobile

UQ mobile

au回線を利用したMVNOで、回線速度の評判が良いのが魅力。
セットも通話サービスもコミコミになったセットプランも提供しています。

UQモバイルでは、SIMカード到着後に、my UQ mobile(会員ページ)にログインしてから回線切替の手続きを行います。

転入の手数料は不要ですが、SIMパッケージ価格3,000円が必要となります。

スマートフォンも販売しているので、SIMカードとセット購入することもできます。

UQ mobileのプラン情報へ

 

楽天モバイル

楽天モバイル
最大受信速度200kbpsながらも、音声通話付きで、月額1,250円からと、格安で利用できるのが特徴です。また、「楽天でんわ」を申し込むことで、通話料が半額になったり、端末同時購入で申し込むと楽天スーパーポイントが貯まったりと楽天が提供しているサービスだからこそのメリットも多いのが嬉しいポイントです。

楽天モバイルのプラン情報へ

 

DMMモバイル

DMMモバイル
最安440円の格安プランから大容量のプランまで、多彩なプランがあるので毎月の携帯料金をグッと抑えることができます。
音声通話も対応しているので、キャリアからの乗り換えも問題ありません。

また、低速時でも快適に繋がる、「バースト機能」や8GB、10GBプランの場合、高速データ通信容量を分け合える、「シェアコース」や「端末交換オプション」「セキュリティオプション」などサービスも充実している点も特徴的です。

DMMモバイルのプラン詳細へ

 

U-mobile(ユーモバイル)

U-mobileの料金・プラン
U-mobile(ユーモバイル)は、ビデオ・オンデマンドサービス「U-NEXT」を運営する株式会社U-NEXTが提供するサービスです。
音声通話付きでデータ量の制限なしのネット使い放題で2,980円というコストパフォーマンスが高いプランが人気です。
また、月額料金が無料で、国内通話量が半額になる「U-CALL」も提供しており、充実したサービスも特徴です。

U-mobile(ユーモバイル)のプラン情報へ

 

NifMo(ニフモ)

NifMo(ニフモ)
初めてのスマホでも安心の「NifMo 訪問レクチャー」や水濡れ、故障、破損、落下などの機器のトラブルも安心「NifMo あんしん保証」などのオプションがあり、初めてスマホを持つユーザーも安心できるオプションサービスがあるのが特徴です。
中でも一番の特徴は、お買いものをすると、携帯料金が安くなる「NifMo バリュープログラム」があり、使いようによっては、毎月の携帯料金がさらに安くなる場合もあるので、オススメです。

NifMo(ニフモ)のプラン情報へ

 

BIGLOBE SIM

BIGLOBE LTE・3Gのプラン・料金
BIGLOBEが提供するサービスで、データ通信のみと音声通話機能がついたプランを選ぶことができ、
音声通話が付いたプランでもデータ制限は1Gながら、1,600円から利用できるので、普段あまりインターネットをしない方には良いプランと言えそうです。
一番の特徴はBIGLOBEでんわを利用することで、通話料金を半額になるなど独自のサービスを提供しています。

BIGLOBE SIMのプラン情報へ

 

IIJmio(みおふぉん)

IIJmioのプラン
音声通話機能付きやデータ専用SIM、SMS機能付きSIM、プリペイドSIMがあり、自分の好きなSIMが選べます。
また、多彩なプランと、余ったデータ量は翌月に繰り越せるなど、サービスも充実しています。
高速通信のデータ量を「クーポン」とし、高速・低速の使い分けや、クーポンがなくなっても買い足すことで高速通信が可能となります。
ドコモ回線を利用し、音声通話プランもあります。

IIJmio(みおふぉん)のプラン情報へ

 

OCN モバイル ONE

OCNモバイルONEのプラン・料金
大手プロバイダのNTTコミュニケーションズが提供する信頼感があり安心して利用できる。
プランも比較的多く、自分の使用するデータ量に合わせて料金も選べる。
また、オプションも充実しているのが特徴で、音声対応SIMなら音声通話も可能なMVNOです。

OCN モバイル ONEのプラン情報へ
 

FREETEL

freetel mobile
FREETELは、とにかく格安を売りにしているMVNOで、ネットし放題プランは月額670円と最安値クラスの安さが特徴です。
音声通話も可能で、ネットし放題1GBが電話プラスがセットでも月額1,270円のプランもあり、お得な内容となっています。
また、最低利用期間などの縛りがないため、手軽さも売りとなっています。
ただし、MNP転出の際はMNP転出解除料が、手数料として、15,000円から毎月1,000円ずつ引かれ、最終月は2,000円減額される仕組みとなるため、縛りが発生する場合もあります。

FREETELのプラン情報へ

 

mineo (マイネオ)

mineo (マイネオ)
au回線を利用したMVNOで、安定した4G LTEの高速通信が可能となっており、格安な料金と音声通話もできるプランも魅力の一つです。
また、現在の電話番号をそのまま利用できるのはもちろんですが、050のIP電話を月額基本料金が無料で利用できるのが特徴です。
余ったデータ容量は翌月に繰り越せたり、「パケットシェア」で家族の繰り越した分を分け合えることができるなど、サービスも充実しています。

mineo (マイネオ)のプラン情報へ

 
※実際の情報とは異なる場合がありますので、詳細は各WEBサイトをご覧ください。

 - MVNOの比較

1 楽天モバイル
楽天モバイル

5分以内の国内通話なら何度でもかけ放題になる「5分かけ放題オプション」あり

  •  ドコモ回線
  •  かけ放題あり
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額525円~

2 mineo
mineo

ドコモ回線を利用した「ドコモプラン」とau回線を利用した「auプラン」が選べる

  •  ドコモ回線
  •  au回線
  •  通話定額あり
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額700円~

3 LINEモバイル
LINEモバイル

LINEやTwitter、Facebook、Instagramのデータ消費がゼロのプランが魅力

  •  ドコモ回線
  •  カウントフリーが充実
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額500円~

  関連記事

国際電話対応のMVNO比較
MVNO(格安SIM)の音声通話プランの比較

最近では音声通話付きのプランを提供しているMVNOが増えてきましたので、基本プラ …

MVNO(格安SIM)
au回線のMVNO(格安SIM)を比較

docomoやauなどの大手キャリアから乗り換えると毎月の携帯料金が1/3になる …

SMSが利用できるMVNO(格安SIM)比較
SMSが利用できるMVNO(格安SIM)比較

ドコモやau、ソフトバンクなど大手キャリアを利用していると当たり前のように使用す …

iPad
格安SIM+iPadにオススメ!MVNOの格安プラン比較

通話もインターネットもできて、格安で運用できる格安SIMとスマートフォンを組み合 …

Aterm MR05LN
Aterm MR05LNの特徴・仕様と格安SIMとセット購入できるMVNOの比較

9月1日から、LTE-Advanced 3CA対応のLTEモバイルルーター「At …

AQUOS SH-M04
「AQUOS SH-M04」を格安SIMとセット購入できるMVNOの比較

IGZO液晶ディスプレイを搭載、防水・防塵や「おサイフケータイ」にも対応した「A …

楽天モバイル
回線が混雑する昼間の通信速度は楽天モバイルが最速という結果に

リーディア株式会社が大手MVNO(格安SIM)における通信速度実測調査を実施し、 …

デビットカード
デビットカードで契約できるMVNO(格安SIM)の比較

MVNOの格安SIMを契約する場合、ほとんどクレジットカード決済となっています。 …

ソフトバンク回線の格安SIM「b-mobile S 開幕SIM」
ソフトバンク回線の格安SIM「b-mobile S 開幕SIM」が3月22日から提供開始!まずはiPhone向けSIMから

日本通信がソフトバンク回線を利用した格安SIM「b-mobile S 開幕SIM …

AQUOS SH-RM02
AQUOS SH-RM02がセット購入できるMVNO(格安SIM)比較

AQUOS SH-RM02はMVNO向けのミドルスペックモデルのSIMフリースマ …