MVNO(格安SIM)比較

MVNO(格安SIM)の基本情報やプラン、比較情報、最新情報、お得なキャンペーン情報などをご紹介しています。

NifMoと楽天モバイルの料金やサービス内容、通信速度を徹底比較

   

NifMoと楽天モバイルの比較

このページでは数あるMVNOの中から「NifMo」と「楽天モバイル」だけをピックアップして料金プランやオプションサービス、初期費用やその他発生する費用、最低利用期間や違約金の有無、おトクな通話サービスや通信速度、口コミや評判など、2つのMVNOサービスを徹底的に比較してご紹介したいと思います。

利用する環境によって異なりますが、実際にNifMoと楽天モバイルのデータSIMを契約して、回線速度を比較していますので、NifMoと楽天モバイルで検討している方にご参考いただければ幸いです。

 

NifMo(ニフモ)の特徴

NifMo(ニフモ)

NifMo(ニフモ)は、ドコモ回線を利用したMVNOサービスで、データ専用SIMやSMS対応SIM、音声通話SIMを提供しています。
SIMカード単品だけでなくスマートフォン端末も取り扱っているので、格安SIMとスマホをセット購入することも可能。

初めてのスマホでも安心の「NifMo 訪問レクチャー」や水濡れ、故障、破損、落下などの機器のトラブルも安心「NifMo あんしん保証」などのオプションがあり、初めてスマホを持つユーザーも安心できるオプションサービスも提供。
追加料金なしで公衆Wi-Fiサービス(BBモバイルポイント)も利用できるなど充実したサービスが魅力です。

NifMoは実績あるMVNOサービス

株式会社イードが「RBB SPEED TEST」のユーザーを対象に実施した「格安SIMアワード2015」ではコストパフォーマンス部門「最優秀賞」、通信速度部門「優秀賞」を受賞するなど実績があるMVNOサービスとなります。

料金プラン

NifMoではデータ専用SIMや音声通話SIMに対応するほか、SMS対応のSIMも提供しています。
余ったデータは翌月に繰り越しができるので、使い切らなかったデータ通信量は翌月に無駄なく使用することができます。

プラン 月額料金 最大通信速度 通信容量上限 SIM枚数
1.1GBプラン(データ通信専用) 640円 150Mbps 1.1GB/月 1枚
1.1GBプラン(音声通話対応) 1,340円 150Mbps 1.1GB/月 1枚
3GBプラン(データ通信専用) 900円 150Mbps 3GB/月 1枚
3GBプラン(音声通話対応) 1,600円 150Mbps 3GB/月 1枚
5GBプラン(データ通信専用) 1,600円 150Mbps 5GB/月 1枚
5GBプラン(音声通話対応) 2,300円 150Mbps 5GB/月 1枚
10GBプラン(データ通信専用) 2,800円 150Mbps 10GB/月 1枚
10GBプラン(音声通話対応) 3,500円 150Mbps 10GB/月 1枚

サービス内容

ニフモが独自に提供するおトクなサービスやオプションサービスなどをご紹介いたします。
サービスの充実はMVNOを選ぶ上でとても重要な要素になると思いますので、ニフモのサービス内容をしっかりお伝えしたいと思います。

国内かけ放題のIP電話サービス「NifMoでんわ」で通話もおトクに

NifMoでんわ

最近では各MVNOでおトクな通話サービスを提供しているケースも多いですが、NifMoも国内かけ放題のIP電話サービス「NifMoでんわ」を提供しています。

「NifMoでんわ」のかけ放題プランのメリットは料金の安さと、月額定額なので通話時間を気にすることなく利用できる点です。
インターネット経由で電話をかけるIP電話となるため、従来の公衆回線網を利用した電話よりも安く通話が可能となります。

デメリットとしては、インターネット環境によって通話品質が左右される点です。
不安定なネット環境の場合、通話が困難になるケースもあると思っておいたほうが良いでしょう。

対応機種はAndroid版:4.0以上、iOS版:7.0以上。
料金は月額1,300円(税抜)。
かけ放題プランでの利用には、音声対応SIMカードの契約が必要となります。

Wi-Fiスポットが追加料金なしで利用可能

ニフモのNifMo コネクト

NifMoを利用すると追加料金なしで公衆Wi-Fiサービス(BBモバイルポイント)を利用することができます。
BBモバイルポイントはJR駅構内や空港、カフェ、ファストフード店などBBモバイルポイントのステッカーのある様々なエリアで利用可能となります。

利用にはNifMoの専用アプリが必要となりますが、アプリがWi-Fiの電波を自動検知し、宅内無線LANやWi-Fiスポットの接続を切り替えてくれる便利な機能も備えています。

Wi-Fiスポットを使うことで動画視聴が気軽にできたり、仕事でもインターネットを利用される方などデータ容量を大幅に節約することができるメリットがあります。

NifMo バリュープログラムでさらに割引も

NifMoのバリュープログラム

NifMo バリュープログラムは、NifMoと提携するショップで買い物したり、対象のアプリをダウンロードすることでNifMoの料金が割引されるサービスとなります。

ショッピング以外にも店で食事をしてアンケート回答したり、商品モニターなどでも割引されます。
NifMoの公式サイトによると2015年7月の割引還元実績の平均が1,041円となっているため、場合によっては毎月の料金が実質無料になることもありそうです。

こういったサービスは他MVNOではほとんど見られないので、NifMoだから受けることができる魅力的なサービスと言えます。

MNPはSIMが届いてから任意のタイミングで

NifMoのネットでナンバーポータビリティ

NifMoでは「ネットでナンバーポータビリティ」により、SIMカードが届いてから任意のタイミングで回線の切り替え申請をすることで、不通期間がほぼなく番号そのままで他社から乗り換えることができます。

このようなMNP即日回線切り替えが可能なサービスは多くのMVNOで提供するようになってきました。

スマホのもしものときも安心な「NifMo あんしん保証」

NifMo あんしん保証

「NifMo あんしん保証」は自然故障や水濡れ、破損などスマートフォンの万が一のトラブル時に電話1本で交換機を届けてくれるオプションサービスとなります。

故障、破損、落下が保証の範囲となります。
料金は月額380円で、サービス利用時の交換代金は1回目が5,000円(税抜)、2回目が10,000円(税抜)、3回目以降は定価での交換となります。

申し込みは、NifMoのスマホセットを申し込みの際に、オプションサービスとして追加することで利用することができます。

初期設定も安心の「NifMo 訪問レクチャー」

NifMo 訪問レクチャー

MVNOは大手キャリアとは違い、申し込みから初期設定まで基本的には自分で行う必要があります。
格安SIMを初めて利用する方やスマートフォン初心者にとっては難しい場合もありますが、「NifMo 訪問レクチャー」はスマートフォンの接続や設定、操作方法の説明など訪問してしっかりレクチャーしてくれるので誰でも簡単に格安SIMを利用することができます。

また、NifMo 訪問レクチャーの契約期間中であれば再訪問レクチャーを何度でも優待価格で利用することができます。

利用料金は24カ月間、月額480円で初回レクチャーは追加料金なしで利用でき、再訪問レクチャーは6,500円で利用することができます。
「NifMo 訪問レクチャー」の申し込みは、NifMoのスマホの申し込みの際に、オプションサービスとして追加することで利用できます。

「NifMo プリント」で撮影した写真をプリントし放題に

NifMo プリント

「NifMo プリント」は専用アプリで撮影した写真を枚数関係なくプリントし放題できるサービスです。
注文はスワイプするだけの1ステップで、注文が完了すればあとは待つだけなのでとっても簡単。

月額基本料金は380円で、プリントし放題となるのは、NifMo プリント専用アプリのカメラで撮影された「各1枚目」の注文が対象となり、ほかのカメラアプリで撮影された写真をプリント注文する場合や、同一写真の焼き増し注文には、1枚10円の追加プリント料金が発生します。

送料は、注文枚数に応じて、1パック(収容上限100枚まで)毎に120円(税抜)かかります。
また、注文の有無にかかわらず、月額380円(税抜)の料金が発生します。

写真として残る形で保存しておきたい方にはおすすめのサービスですよね。
こういったサービスも他社ではほとんど提供していないので、NifMoを利用するメリットとなりそうです。

NifMoのSIM単品はこちらから↓↓

NifMoのスマホセットはこちらから↓↓

 

楽天モバイルの特徴

楽天モバイル

楽天モバイルもドコモ回線を利用したMVNOサービスで、データ専用SIMやSMS機能付きデータSIM、音声通話SIMに対応。
SIM単品以外にもスマートフォンとのセット購入も可能となっています。

他社と比較しても取り扱うスマートフォン端末のラインナップが豊富で、定期的に割引キャンペーンを実施するなどSIMフリースマートフォンを通常よりもおトクに購入できることも。

最大受信速度200kbpsながら、データSIMのみの場合は月額525円、音声通話付きでも月額1,250円から利用することができます。

5分以内の国内通話なら何度でもかけ放題になる「5分かけ放題オプション」や端末代金や高速データ容量、5分かけ放題オプションがパックになった「コミコミプラン」を提供するなど、充実したサービスが魅力のMVNOサービスとなります。

 
格安SIMサービスシェア No.1を獲得

MMD研究所が行った「2016年3月における格安SIMサービスの利用意向調査」において、楽天モバイルは「音声通話プランで利用している格安SIMサービス」や「デバイス別の格安SIMサービス iOS/iPhone」「デバイス別の格安SIMサービス Android」などで、サービスシェア1位を獲得しているMVNOとなります。

料金プラン

楽天モバイルのプランは「ベーシックプラン」「3.1GBパック」「5GBパック」「10GBパック 」の4つのプランに分かれており、それぞれ、データSIM、通話SIMを選ぶことができます。
データ専用SIMにSMSを付ける場合は、月額120円の料金がプラスされます。

プラン 月額料金 最大通信速度 通信容量上限 SIM枚数
データSIM ベーシック 525円 200kbps 1枚
データSIM 3.1GBパック 900円 225Mbps 3.1GB/月 1枚
データSIM 5GBパック 1,450円 225Mbps 5GB/月 1枚
データSIM 10GBパック 2,260円 225Mbps 10GB/月 1枚
通話SIM ベーシック 1,250円 200kbps 1枚
通話SIM 3.1GBパック 1,600円 225Mbps 3.1GB/月 1枚
通話SIM 5GBパック 2,150円 225Mbps 5GB/月 1枚
通話SIM 10GBパック 2,960円 225Mbps 10GB/月 1枚

サービス内容

楽天モバイルは他社と比較しても、サービスの充実化を図っているMVNOで、便利なサービスを多く提供しています。
下記では楽天モバイルのオプションサービスなどを詳しくご紹介したいと思います。

おトクなかけ放題サービスあり

楽天モバイルのかけ放題サービス

5分以内の国内通話なら何度でもかけ放題できる「5分かけ放題オプション」を提供しています。
「5分かけ放題オプション」は、すでに提供されてきた通話料金が半額になるサービス「楽天でんわ」のオプションサービスとして利用することが可能となります。

有料のオプションサービスとなりますが、最大通信速度が200Kbpsと低速ながら音声通話ができて格安な「ベーシックプラン 通話SIM」なら月額1,250円で、「5分かけ放題オプション」の月額利用料850円をプラスしても合計の月額料金が2,100円と格安な料金となります。

スマホもおトクに!「コミコミプラン」がスタート

楽天モバイルの「コミコミプラン」

楽天モバイルでは、2016年7月1日から対象となるスマートフォン端末にデータ通信と5分かけ放題オプションの料金がセットになった「コミコミプラン」の提供をスタートしています。

コミコミプランにより、対象となるスマートフォンと高速データ容量、5分かけ放題オプションがセットで月額1,880円(税別)から利用することができます。

月額基本料金と対象となる端末は以下になります。

コミコミプランS
端末 高速データ容量/月 月額料金
(1年目)
月額料金
(2年目)
月額料金
(3年目以降)
ZTE BLADE E01 2GB 1,880円 2,980円 2,446円

 

コミコミプランM
端末 高速データ容量/月 月額料金
(1年目)
月額料金
(2年目)
月額料金
(3年目以降)
HUAWEI P9 lite 2GB 2,480円 3,480円 2,230円

 

コミコミプランL
端末 高速データ容量/月 月額料金
(1年目)
月額料金
(2年目)
月額料金
(3年目以降)
arrows M03 4GB 2,980円 3,980円 2,613円

※「コミコミプラン」の最低利用期間は24カ月となります。
※情報が更新されている場合がありますので、詳細は楽天モバイルの公式WEBサイトにてご確認ください。

便利な「コンビニ受け取りサービス」も可能に

店頭ディスプレイイメージ
▲店頭ディスプレイイメージ

楽天モバイルのコンビニ受け取りサービスは、端末のセッティングから店舗での受け渡しまでの工程に、ローソン店舗を起点としたご自宅等への配送・御用聞きサービスを展開する「SGローソン」の仕組みを活用することで、申し込み手続完了後最短3時間での商品の受け取りが可能となります。

また、24時間いつでも受け取りが可能となり、お申し込みから端末受け取りまでの待ち時間を大幅に短縮することができるのが特徴です。

購入したSIMカードやスマートフォンの受け取り方法

1.希望するSIMカードまたは対象端末とSIMカードのセットを申し込む際に、ローソン対象店舗での受け取り店舗を指定する。

2.受け取りに必要な受け取り用バーコードのURLと、Loppiを使う際の「問合わせ番号」と「認証番号」がメールに届く

3.指定した受け取り店舗へ

4.バーコードを提示 or Loppiを操作
※バーコードでお受け取りの場合は、レジカウンターに受け取り用バーコードを提示する。
※Loppiで受け取りの場合は、店頭のLoppiから「商品引換券」を出力し、レジカウンターに提示する。

5.商品の受け取り

購入したSIMカードやスマートフォンの受け取り方法

【渋谷区】
「ローソン 神泉駅前」、「ローソン 渋谷三丁目明治通り」、「ローソン 渋谷初台一丁目」

【世田谷区】
「ローソン 上馬四丁目」、「ナチュラルローソン 経堂テラスガーデン」、「ローソン 世田谷山下駅前」、「ローソン 世田谷桜上水四丁目」、「ローソン 太子堂二丁目」、「ローソン 下北沢駅西口」、「ローソン 下高井戸駅前」、「ローソン 成城六丁目」、「ローソン 成城学園前駅西口」、「ローソン 成城二丁目」、「ローソン 世田谷代田駅前」、「ローソン 祖師ヶ谷大蔵駅南口」、「ローソン 南烏山五丁目」、「ローソン 東北沢駅前」、「ローソン 明大前駅南」

現時点では、東京都内の限られたエリアのみでの提供となりますが、他社にはない魅力的なサービスとなります。

初めての格安SIMでも安心の「スマホサポート」

スマホサポート
スマホサポートサービスは、初期設定やスマートフォンの使い方、データの移行、アプリの登録や使い方のサポート、パソコンや周辺機器の接続設定、自宅のWiFi接続設定方法など様々なサポートサービスを受けることができる有料サービスとなります。
新規に申し込む場合は、楽天モバイルを申し込む際、同時に申し込むことができます。
また、追加で申し込みも可能となります。

楽天モバイルのスマホサポートは、スマートフォン初心者やご年配の方でも安心して利用できるサービスとなっています。

料金は月額500円。

契約期間中は楽天スーパーポイントが貯まる!

楽天スーパーポイントが貯まる
楽天モバイルでは、月々のお支払い100円につき、楽天スーパーポイントが1ポイント付与されます。
さらに、期間限定ながら、スマートフォンやタブレットをセットで購入すると1000ポイント以上プレゼントされることもあり、普段から楽天のサービスを利用される方はさらにお得に利用することができます。

また2016年7月からは、楽天モバイルの月額料金と各種オプション料金などの支払いに、「楽天スーパーポイント」を利用できるようになりました。

楽天スーパーポイントの付与は楽天モバイルだからこそできる独自のサービスとなります。

クレジットカード以外でも契約できる

ほとんどのMVNOで、決済方法はクレジットカードのみとなっていますが、楽天モバイルではデビットカードを使用して契約することができます。

デビットカードは楽天銀行、及びスルガ銀行発行のカードのみ利用可能となっているようです。

デビットカードは楽天銀行で口座開設をすると、一緒にデビットカードを申し込むことができます。
クレジットカードをお持ちでない方や、持っていても使用したくない方には楽天モバイルはオススメのMVNOサービスとなります。

※デビットカードを利用した楽天モバイルの申し込みについては、事前に公式WEBサイトにて詳細をご確認ください。

その他にも充実したオプションサービスがある

サービス 料金
スマートフォンセキュリティ 月額300円
アドレス帳・写真移行サービス 内容により異なる
端末補償 月額500円
留守番電話 月額300円
キャッチホン 月額200円
転送電話 月額0円
容量追加パック 300円/100MB

 

 

NifMoと楽天モバイルを比較

NifMoと楽天モバイルの料金や初期費用、最低利用期間などの縛り、各サービスで提供している通話サービスを徹底比較したいと思います。

またMVNOを検討する上で重要な通信速度については、実際にNifMoと楽天モバイルのデータ専用SIMを使って速度計測してみたので合わせて掲載いたします。

料金プランの比較

個別では掲載しましたが、比較しやすいように楽天モバイルとNifMoの最安値プランやデータ容量ごとに料金プランをご紹介いたします。

最安値プランの比較

データ専用SIM
MVNO プラン 月額料金 最大通信速度 通信容量上限
NifMo 1.1GBプラン 640円 262.5Mbps 1.1GB/月
楽天モバイル ベーシックプラン 525円 200kbps なし

 

SMS対応データSIM
MVNO プラン 月額料金 最大通信速度 通信容量上限
NifMo 1.1GBプラン 790円 262.5Mbps 1.1GB/月
楽天モバイル ベーシックプラン 645円 200kbps なし

 

音声通話SIM
MVNO プラン 月額料金 最大通信速度 通信容量上限
NifMo 1.1GBプラン 1,340円 262.5Mbps 1.1GB/月
楽天モバイル ベーシックプラン 1,250円 200kbps なし

 

3GB/月のデータ容量の比較

データ専用SIM
MVNO プラン 月額料金 最大通信速度 通信容量上限
NifMo 3GBプラン 900円 262.5Mbps 3GB/月
楽天モバイル 3.1GBプラン 900円 225Mbps 3.1GB/月

 

SMS対応データSIM
MVNO プラン 月額料金 最大通信速度 通信容量上限
NifMo 3GBプラン 1,050円 262.5Mbps 3GB/月
楽天モバイル 3.1GBプラン 1,020円 225Mbps 3.1GB/月

 

音声通話SIM
MVNO プラン 月額料金 最大通信速度 通信容量上限
NifMo 3GBプラン 1,600円 262.5Mbps 3GB/月
楽天モバイル 3.1GBプラン 1,600円 225Mbps 3.1GB/月

 

5GB/月のデータ容量の比較

データ専用SIM
MVNO プラン 月額料金 最大通信速度 通信容量上限
NifMo 5GBプラン 1,600円 262.5Mbps 5GB/月
楽天モバイル 5GBプラン 1,450円 225Mbps 5GB/月

 

SMS対応データSIM
MVNO プラン 月額料金 最大通信速度 通信容量上限
NifMo 5GBプラン 1,750円 262.5Mbps 5GB/月
楽天モバイル 5GBプラン 1,570円 225Mbps 5GB/月

 

音声通話SIM
MVNO プラン 月額料金 最大通信速度 通信容量上限
NifMo 5GBプラン 2,300円 262.5Mbps 5GB/月
楽天モバイル 5GBプラン 2,150円 225Mbps 5GB/月

 

10GB/月のデータ容量の比較

データ専用SIM
MVNO プラン 月額料金 最大通信速度 通信容量上限
NifMo 10GBプラン 2,800円 262.5Mbps 10GB/月
楽天モバイル 10GBプラン 2,260円 225Mbps 10GB/月

 

SMS対応データSIM
MVNO プラン 月額料金 最大通信速度 通信容量上限
NifMo 10GBプラン 2,950円 262.5Mbps 10GB/月
楽天モバイル 10GBプラン 2,380円 225Mbps 10GB/月

 

音声通話SIM
MVNO プラン 月額料金 最大通信速度 通信容量上限
NifMo 10GBプラン 3,500円 262.5Mbps 10GB/月
楽天モバイル 10GBプラン 2,960円 225Mbps 10GB/月

 

全体的に楽天モバイルが安くておトク

各データ容量別で月額基本料金を比較すると、全体的に楽天モバイルのほうが安くておトクに利用できることがわかります。

3GB/月のプランはどちらも料金は変わらないものの、5GB・10GB/月のプランからは楽天モバイルのほうが料金は安くなります。
最安値プランの場合も料金は楽天モバイルのほうが安いですが、200kbpsと低速なので利用用途は限られそうです。

逆にNifMoは1.1GB/月のプランがあるので、インターネットなどの利用頻度は高くないけど、高速データ通信を利用したいという方には維持費を安く抑えることができるメリットがあります。

簡単にまとめると・・・

5GB/月以上の大容量プランを利用する方は、月額料金が安い楽天モバイルのほうがおトク。
たまにSNSを利用したり、ネットで調べ物をする程度の利用頻度の方はNifMoのほうが維持費が安くなる可能性が高い。

用途や使用するデータ容量は人によって異なると思いますので、自分にあった最適なプランをお選びください。

初期費用や最低利用期間を比較

携帯電話や家のネット回線など、どうしても「縛り」が発生してしまいます。
MVNOの格安SIMもドコモなどの大手キャリアと比較すると縛りは弱いものの、契約するSIMカードによっては縛りが発生する場合がありますので、新規で契約する際はしっかり確認しておくことが大切です。

そこで、NifMoと楽天モバイルの最低利用期間と、その期間内での解約に伴う違約金などを比較しやすいようにまとめて掲載いたします。

なお、情報が更新されている場合がありますので、契約する際は念のため公式WEBサイトでも確認しておくとより安心かと思います。

NifMoの初期費用

登録手数料:3,000円

NifMoの最低利用期間と違約金

契約タイプ 最低利用期間 契約解除料
データSIM なし なし
通話SIM 6カ月間 利用開始月の翌月から6カ月以内に契約解除は8,000円

 

楽天モバイルの初期費用

事務手数料:3,000円

楽天モバイルの最低利用期間と違約金

契約タイプ 最低利用期間 契約解除料
データSIM なし なし
通話SIM 12カ月 ※1 12カ月目以内の解約の場合、契約解除手数料9,800円。 ※2

※1 コミコミプランは24カ月。
※2 コミコミプランは12,000円。

通話SIMはNifMoのほうが縛りは弱い

データSIMの場合はNifMoも楽天モバイルも初期費用が3,000円発生するものの、最低利用期間はないため、通常であれば解約に伴う違約金や契約解除料は発生しません。

MVNOのSIMカードに対応したWi-Fiルーターやタブレット、ネット専用の二台目のスマートフォンに使用するデータSIMの場合は縛りを気にする必要はありません。いつでも解約することができるので安心感がありますよね。

通信速度が心配な方や初めて格安SIMを利用する方など、お試し感覚で利用できるのがデータSIMのメリットとなります。

音声通話SIMの場合は、NifMoが6カ月間、楽天モバイルは12カ月間となるため、NifMoのほうが縛りは弱いことがわかります。
また、万が一最低利用期間内での解約の場合でもNifMoのほうが契約解除料が安いので、気軽さで考えるとNifMoのほうが利用しやすいと言えます。

少しでも縛りが少ないMVNOが良いという方はNifMoを検討されてみてはいかがでしょうか?

通話サービスを比較

データ通信費用は格安なMVNOの格安SIMですが、気になるのは通話料金。
ドコモなど大手キャリアではかけ放題が主流になるつつありますが、MVNOでもかけ放題通話サービスを提供する事業者が増えてきています。

NifMoや楽天モバイルでもおトクな通話サービスを提供しているので、比較しやすいようにまとめてみました。

NifMoはIP電話を利用した「かけ放題プラン」を用意

NifMo でんわには、月額定額でIP電話がかけ放題となるおトクな「かけ放題プラン」が用意されています。

IP電話はインターネット回線を利用して電話をかけるため、ネット環境によって通話品質が左右されますが、月額定額なので通話時間を気にすることなく通話ができます。

通話開始から90分前後経過した場合は自動的に通話が切断されますが、かけ直すことで再度通話が可能となります。

固定電話(01番号~09番号)や携帯電話(070番号、080番号、090番号)、 IP電話(050番号)には発信可能ですが、フリーダイヤル、ナビダイヤル、伝言ダイヤル、テレドーム番号(0120, 0170, 0180, 0190, 0570, 0800)や 緊急通報用電話番号(110、119、118)には発信できないため注意が必要です。

また、通話先の通信会社によっては、「通知不可能」または「非通知」と表示される場合がある点も認識しておく必要があります。

NifMo でんわ かけ放題プランの料金

国内かけ放題プランと国内+海外かけ放題プランがあります。

プラン 月額利用料
国内かけ放題プラン 1,300円
国内+海外かけ放題プラン 2,700円

 

楽天モバイルは月額850円から利用できる「5分かけ放題オプション」を用意

楽天モバイルがオプションとして提供している「5分かけ放題オプション」は、IP電話と違い電話回線なのでネット環境によって通話品質が左右される心配がありません。

また、「楽天でんわ」アプリを使って発信する必要がありますが、お使いの電話番号そのままで利用することができます。

月額基本料金が850円と格安で利用できるのも魅力の通話サービスとなります。

だだし、5分以内の国内通話がかけ放題となります。1回の通話が5分を超えた場合、5分超過分につき30秒ごとに10円の通話料が別途発生します。

5分かけ放題オプションの料金
サービス名 月額利用料
5分かけ放題オプション 850円

通信速度を比較

MVNOの格安SIMで心配なのは通信速度。
「料金の安さは魅力だけど、通信速度は大事!」という方も多いはずです。

そこで管理人が契約している「NifMo」と「楽天モバイル(APN:rmobile.jp)」の速度計測を行いました。

速度計測をした日は2016年7月26日、場所は京都(南部)、時間帯は午前10時台、12時台、15時台です。
端末は「Desire 626」、計測にはアプリを使用しています。

なお、速度結果はエリアや時間帯、端末によって異なる場合や、一部のMVNOでは、アプリごとに通信帯域を調整している場合があるため、実際の速度と異なる場合がありますのでご了承ください。

NifMoの通信速度計測結果

時間帯 ダウンロード(Mbps) アップロード(Mbps)
10時台 24.25 7.0
12時台 0.35 6.53
15時台 20.35 8.16

 

楽天モバイルの通信速度計測結果

時間帯 ダウンロード(Mbps) アップロード(Mbps)
10時台 15.57 3.58
12時台 1.77 3.23
15時台 12.66 9.41

 

10時・15時台はNifMo、12時台は楽天モバイルが速いという結果に

今回計測した結果では、10時・15時台はNifMo(ニフモ)のほうが通信速度が速いという結果になりました。
それなりに快適に使用できる数値ではないでしょうか?

しかし気になるのは回線が混みあう12時台。
大幅に速度低下している結果となっています。

逆に12時台は楽天モバイルのほうが速いという結果になりました。

通信速度に関しては環境によっても異なるので、他にも使用している方の評判も参考にしてみるのも良いでしょう。
以下ではNifMoと楽天モバイルの評判をまとめていますので、ご参考いただければ幸いです。

 

NifMoと楽天モバイルの評判

NifMo(ニフモ)と楽天モバイルの評判をまとめてご紹介いたします。
中には速度計測結果を公開されている方もいるので参考になるかと思います。

NifMoの評判

NifMoのSIM単品はこちらから↓↓

NifMoのスマホセットはこちらから↓↓

 

楽天モバイルの評判

 

NifMoと楽天モバイルの比較まとめ

今回はNifMoと楽天モバイルの料金プランやサービス、初期費用や縛り、回線速度など色々な角度からMVNOを比較してみましたが、自分に合ったサービスは見つかりましたでしょうか?

個人的にはどちらも良いサービスだと思いますが、全体的なサービスの充実度で考えると「楽天モバイル」のほうがオススメです。
「かけ放題サービス」や「コミコミプラン」を提供するなど、サービスを充実させています。

料金も、3.1GBプランに5分かけ放題オプションを追加しても月額2,450円で使える安さはとても魅力的です。

また、取り扱うスマートフォンが非常に充実しており、SIMカードとスマホをセットでの購入を検討している方にもおすすめです。
さらに、定期的に実施しているキャンペーンを利用することで通常よりも安く端末を購入できる可能性が高いのも魅力ですよ。

迷って決められない方は「楽天モバイル」を検討してみてはいかがですか?

楽天モバイル

 
NifMoは他社では提供していないような独自のサービスが魅力です。
「NifMo バリュープログラム」を上手く活用できれば毎月の携帯料金を大幅に割引することも可能です。

また、昼間の時間帯は大幅に速度低下するものの、それ以外の時間帯は比較的快適に利用できるという声が多かったです。

昼間の時間帯は、追加料金なしで利用できる「公衆Wi-Fiサービス(BBモバイルポイント)」を上手く活用できれば、魅力的なMVNOサービスだと思います。

NifMo(ニフモ)

NifMoのSIM単品はこちらから↓↓

NifMoのスマホセットはこちらから↓↓

 
※実際の情報とは異なる場合がありますので、詳細は各WEBサイトをご覧ください。

 - MVNOの比較

1 楽天モバイル
楽天モバイル

5分以内の国内通話なら何度でもかけ放題になる「5分かけ放題オプション」あり

  •  ドコモ回線
  •  かけ放題あり
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額525円~

2 mineo
mineo

ドコモ回線を利用した「ドコモプラン」とau回線を利用した「auプラン」が選べる

  •  ドコモ回線
  •  au回線
  •  通話定額あり
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額700円~

3 BIGLOBE SIM
BIGLOBE SIM

家族の利用でお得になるシェアSIMで余ったデータ通信量を分け合える

  •  ドコモ回線
  •  おトクな通話パックあり
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額900円~

  関連記事

Wi-Fi
余ったデータ通信量(パケット)を翌月に繰り越しできるMVNO(格安SIM)比較

プランの種類が豊富で、自由にプランやオプションサービスを選択できるMVNOですが …

法人契約が可能なMVNO(格安SIM)
法人契約が可能なMVNO(格安SIM)の比較

格安な料金と豊富なプランが特徴の格安SIMは個人だけでなく、法人向けに提供してい …

通話ができる格安SIMの最安値プランを比較
通話ができる格安SIMの最安値プランをMVNO 21社で徹底比較

通話ができる格安SIMを選ぶ上で重要なのは「安さ」ではないでしょうか? 格安SI …

国際電話対応のMVNO比較
国際ローミングに対応したMVNOの比較

海外に多く行かれる方は、MVNOで国際ローミングに対応しているかどうかは重要な要 …

9.7インチiPad Proが使えるMVNO(格安SIM)の比較まとめ
9.7インチiPad Proが使えるMVNO(格安SIM)の比較まとめ

3月31日に発売となった「9.7インチiPad Pro」。 基本的には、すでに発 …

満足度の高いMVNO比較
【2015年5月調査】満足度の高いMVNO比較

2015年5月に、MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)から「格安ス …

楽天モバイルとDMM mobileの料金・サービス、通信速度の評判を徹底比較
楽天モバイルとDMM mobileの料金・サービス、通信速度の評判を徹底比較

3月16日に開催された「モバイルフォーラム2016」の中で総務副大臣である松下新 …

スマモバ+Wi-Fiルーターのメリット・デメリットと他社サービスとの比較
スマモバ+Wi-Fiルーターのメリット・デメリットと他社サービスとの比較

LTE使い放題プランとWi-Fiルーターやスマートフォン、タブレットをセット購入 …

楽天モバイルとY!mobile(ワイモバイル)の料金やサービス、評判を徹底比較
楽天モバイルとY!mobile(ワイモバイル)の料金やサービス、評判を徹底比較

格安SIMを提供するMVNOサービスの登場により、料金やサービスが多様化しユーザ …

IIJmioとBIGLOBE SIM
どっちがオススメ?IIJmioとBIGLOBE SIMの料金・サービスを徹底比較

IIJmioとBIGLOBE SIMはMVNOの中でも比較的知名度が高いためこれ …