MVNO(格安SIM)比較

MVNO(格安SIM)の基本情報やプラン、比較情報、最新情報、お得なキャンペーン情報などをご紹介しています。

ドコモ回線を利用したMVNOと最安値プラン比較

      2016/11/28

MVNOの多くはドコモ回線もしくはau回線を利用してサービスを提供していますが、現時点でほとんどのMVNOはドコモ回線を利用しています。

逆に言えば、ドコモ回線なので全国どこでも安定して繋がりやすいと言えると思います。
また、ドコモ回線は、docomoの「3GとLTE」の通信網が使えるメリットがあります。LTEで不安定な場所は「3G」に切り替わるので安定します。

このように、「3GとLTE」が利用できる、安定したドコモ回線を利用したMVNOと最安値のプランを一部まとめてみました。
即日MNPに対応したMVNOでは、空白期間がほぼなく他社から番号そのままで乗り換えができるので、毎月の携帯料金を少しでも下げたい方はドコモからMVNOの格安SIMへお乗り換えをご検討してみてはいかがでしょうか?

なお、情報が古くなっている場合があるので、詳細については各MVNOの公式サイトにてご確認ください。

 

ドコモ回線を利用したMVNOとその特徴

ドコモの通信網を利用してサービスを提供しているMVNOサービスの特徴をご紹介いたします。
MVNOによって提供しているサービスやオプションは異なるので、自分に合ったMVNOを選ぶことが大切です。

ドコモからMVNOへ乗り換える方は、現在お持ちのスマートフォンの動作確認ができているかや、SIMカードのサイズ、MNPの手順や申し込みに必要なものなどを事前に確認しておくと良いでしょう。

MVNOを選ぶコツとしては、料金の安さはもちろん、余ったデータ容量の繰り越し、通話オプションサービスの充実度、アフターサポート、最低利用期間、キャンペーンの有無などをチェックするようにしましょう。

楽天モバイル

楽天モバイル

最大受信速度200kbpsながら、音声通話付きで月額1,250円からと、格安で利用できるのが特徴です。また「楽天でんわ」を申し込むことで通話料が半額になったり、端末同時購入で申し込むと楽天スーパーポイントが貯まったりと楽天が提供しているサービスだからこそのメリットも多いのが嬉しいポイントです。
データSIMのみの場合、月額525円~と他社と比較しても最安値クラスの格安料金で提供しています。

あらたに、5分以内の国内通話なら何度でもかけ放題になる「5分かけ放題オプション」や○○○@rakuten.jpのメールが無料で利用できるなど、さらにサービスが充実しました。

MNPを利用して番号そのままで他社から乗り換える場合も、SIMカードが届いてから任意のタイミングでMNPが可能になり、不通期間がほぼなく乗り換えができるようになりました。

楽天モバイルは格安SIMサービスシェア No.1を獲得

格安SIMサービスシェア No.1を獲得

MMD研究所が行った「2016年3月における格安SIMサービスの利用意向調査」において、楽天モバイルは「音声通話プランで利用している格安SIMサービス」や「デバイス別の格安SIMサービス iOS/iPhone」「デバイス別の格安SIMサービス Android」などで、サービスシェア1位を獲得しているMVNOとなります。

楽天モバイルの詳細情報へ

 

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM
BIGLOBEが提供する広いエリアと安定したドコモ回線を使用したサービスで、データ通信のみと音声通話機能がついたプランを選ぶことができ、スマホやWi-Fiルーターのセット販売も行っています。

音声通話が付いたプランでも1GB/月ながら、1,400円から利用できるプランの他にも、最大で12GB/月の大容量プランも提供しているので、ライトユーザーはもちろん、ヘビーユーザーにもオススメのMVNOとなります。
BIGLOBEでんわを利用することで通話料金が半額になったり、よりお得なBIGLOBEでんわ通話パック、Wi-Fiスポットが追加料金なしで利用できるなどサービスも充実しています。

2016年2月からは、割込通話や留守番電話、国際ローミングも対応するなど通話オプションサービスも充実しました。

BIGLOBE SIMはおトクな通話サービスも提供

BIGLOBE SIMの通話パック60

2015年10月から、BIGLOBEでんわ 通話料定額サービス「通話パック60」も提供されました。

通話パック60は、「BIGLOBEでんわ」通話料の最大1,200円分(最大60分の通話時間)を、月額650円で利用できるサービスで、通常よりも安く電話をかけることができます。

現時点では、このような通話パックサービスを提供しているMVNOはほとんどなく、BIGLOBEだから利用できるおトクなサービスとなります。

BIGLOBE SIMの詳細情報へ

 

DTI SIM

DTI SIM
DTI SIMは、株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが提供する、シンプルなプランと低価格が特徴のMVNOとなっています。
ドコモ回線を利用しているため全国の広いエリアをカバーしています。
音声通話にも対応しており、テザリング、留守番電話、キャッチホン、国際電話、転送電話などのオプションサービスも充実しています。

新たに、データ容量の上限がない「ネットつかい放題プラン」や5分以内の通話なら、何度でもかけ放題となるオプションサービス「でんわかけ放題」など魅力的なサービスを提供しているMVNOです。

DTI SIMはおトクなお試しプランを用意!

お試しプランなら半年間は月額基本料が実質0円に

データ専用SIMの半年お試しプラン3GBなら半年間は月額基本料が実質0円でも利用することができます。

5分以内の国内通話がかけ放題になる「でんわ定額プラン3GB」でも、通常月額2,270円が半年間は月額1,480円で利用できるおトクなプランも用意されています。

お試しプランは期間限定なしで、初めての方ならいつでも申し込めるプランとなります。
また、データ専用SIMの場合は最低利用期間などの縛りがないため、まだ格安SIMを利用したことがない方にもオススメです。

DTI SIMの詳細情報へ

 

OCN モバイル ONE

OCNモバイルONEのプラン・料金

大手プロバイダのNTTコミュニケーションズが提供する信頼感があり安心して利用できる。
プランも比較的多く、自分の使用するデータ量に合わせて料金も選べる。

また、「050 plus」「容量追加オプション」「ターボ機能」など、オプションやサービスも充実しているのが特徴です。
また、SIMカードとセットでスマートフォンやタブレット、WiFiルーターも購入することができるだけでなく、WiFiルーター・USB端末をレンタルして利用することも可能となっています。

2015年7月からは「カウントフリー機能」が提供され、通話料がお得になるIP電話サービス「050 plus」やオンラインストレージサービス「マイポケット」を使用しても、通信容量を気にすることなく利用できる新サービスも提供されました。

OCN モバイル ONEはプランのバリエーションが豊富

OCN モバイル ONEのプランは「3GB/月コース」「5GB/月コース」のような、通常どのMVNOでもあるような月単位のプランの他に、「110MB/日コース」や「170MB/日コース」のような日単位のプランも選択できるのが特徴です。
また、「500kbpsコース」のような低速プランも用意されているため、自分に合ったプランを選びやすいメリットがあります。

「500kbpsコース」の通信容量上限は15GB/月と容量が多いため、インターネットをプライベートや仕事で多く利用する方にもオススメのプランとなります。

余った基本データ容量は翌月に繰り越されるため、無駄なく利用できるのも嬉しいポイントとなります。

OCN モバイル ONEの詳細情報へ

 

エキサイトモバイル

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは、エキサイト株式会社が新たに提供するドコモの回線を利用したMVNOサービスで、データ専用SIMだけでなく、音声通話に対応した格安SIMも提供します。

料金プランは、毎月のデータ通信量に応じて料金が決まる「最適料金プラン」と、毎月定額で使える「定額プラン」の2種類を用意。自分のデータ使用量に合わせて最適なプランを選ぶことができるようになっているのが特徴です。

MNPでのお申込みにも対応し、他社からの乗換えた場合でもSIMカードが届いてからMNP切り替えができる「自宅でスマホ切換え」により、オンラインで申し込みをしても、不通期間がほぼなく番号そのままで乗り換えることができます。

エキサイトモバイルはSIMカードは最大5枚まで追加できる

家族で利用したり、サブのスマートフォンやタブレット、モバイルWi-Fiルーターなど複数の端末でデータ容量をシェアする場合でも、エキサイトモバイルでは最大5枚までSIMカードを追加することができるので、利用用途に合わせて使用できるのも特徴です。

なお、1枚コースから3枚コースにする場合は追加SIMではなく、コース変更となるので注意が必要です。
3枚コースを利用すると、最大2枚まで追加SIMを申し込むことができます。

エキサイトモバイルの詳細情報へ

 

スマモバ

スマモバ

スマモバは、ドコモ回線を利用したサービスで、業界で初めて端末セットプランなら端末価格が最大実質0円で利用できたり、特定の時間帯だけを高速LTE使い放題にして料金を下げたプランを用意するなど他社にはないサービスを提供しているMVNOです。

1GB(音声SIM)~LTE使い放題プランまでプランがあるので、ライトユーザーからヘビーユーザーまで安心して利用でき、スマートフォンやモバイルWi-Fiルーターとセットでの購入にも対応しています。

スマモバは他社にはない独自のプランが魅力!

他社にはないスマモバ独自のプラン「プレミアムプラン」と「ナイトプラン」

スマモバは様々なニーズに対応可能な「プレミアムプラン」や「ナイトプラン」を提供しています。

一定の時間帯が高速LTEが使い放題となり、それ以外の時間帯は128kbpsと低速になる変則的なプランとなります。
深夜帯を中心にスマホやインターネットを利用する方には最適なプランと言えるでしょう。

スマモバの詳細情報へ

 

U-mobile(ユーモバイル)

U-mobile(ユーモバイル)

U-mobile(ユーモバイル)は、株式会社U-NEXTが運営するMVNOサービスで、音声通話付きLTE使い放題プランで月額2,980円とコストパフォーマンスが高いプランを提供しているのが特徴です。
また、月額料金が無料で国内通話料金が半額になる「U-CALL」やセキュリティサービス、サポートサービスなど充実したサービスも魅力。

他社と比較しても、格安SIMとセットで購入できるSIMフリースマートフォンが充実しており、分割払いで負担を軽くして購入することもできます。

新たに、月額800円で最大60分通話可能なオプションサービス「でんわパック 60」や、全国のカフェ・駅・空港・ホテルなどで高速通信が無料で利用できるWi-Fiスポットサービス「U-NEXT Wi-Fi」も提供するなど、さらにサービスが充実しました。

U-mobileは新しいサービスも展開!

U-mobile SUPER

U-mobileの新ブランドとして新たに登場した、ワイモバイル回線を利用した「U-mobile SUPER」の提供も開始しました。

料金プランは、1GB/3GB/7GBの高速データ容量に、10分300回までの国内通話が無料の通話サービスがセットになったプランを提供するなど、Y!mobileと同じプラン構成となっているのが特徴です。

他社のスマートフォンやIP電話を含む固定電話への通話料金が無料となるので、仕事でよく電話をかける方でも安心して利用しやすいMVNOサービスとなります。

U-mobile(ユーモバイル)の詳細情報へ

 

mineo (マイネオ)

mineo (マイネオ)

9月からはマルチキャリア対応となり、ドコモ回線を利用した「ドコモプラン」とau回線を利用した「auプラン」を選べるようになりました。

プランは500MB/月から10GB/月まであるので、ライトユーザーからヘビーユーザーまで対応できる豊富なプランも魅力となります。
また、現在の電話番号をそのまま利用できるのはもちろんですが、050のIP電話を月額基本料金が無料で利用できるのが特徴です。

余ったデータ容量は翌月に繰り越せたり、「パケットシェア」で家族の繰り越した分を分け合えることができるなど、サービスも充実しています。

マルチキャリア対応でドコモプランとauプランが選べる!

マイネオはマルチキャリア対応

mineoは9月から「マルチキャリア」に対応しており、従来のau回線を利用したプランの他にも、ドコモ回線を利用したプランを自由に選ぶことができるようになります。
auプラン⇔ドコモプランへの乗り換えも簡単で、さらにパケットシェアも可能となる新しいサービスとなります。

mineo (マイネオ)の詳細情報へ

 

DMMモバイル

DMMモバイル
業界最安値クラスの格安プランから大容量のプランまで、多彩なプランがあるので、自分のデータ使用量に合わせてプランを選ぶことができます。
データ専用SIMだけでなく音声通話SIMにも対応しているので、MNPで他社から番号そのままで乗り換えることもできます。

低速時でも快適に繋がる、「バースト機能」や一部の大容量プランの場合、高速データ通信容量を分け合える、「シェアコース」や「端末交換オプション」「セキュリティオプション」などサービスも充実している点も特徴的です。

業界最安値水準に強いこだわりがあり、他社が料金を下げると、それ以上に料金を安くすることが多くあり、とにかく毎月の携帯料金を抑えたい方にはオススメのMVNOとなります。

プランが豊富で自分に合った無駄のないプラン選びが可能!

DMMモバイルでは、1GB~20GBまで、豊富なプランが用意されています。

他社と比較しても多く、自分のデータ使用量に合わせて無駄のないプラン選びができるのが大きなメリットとなります。
2015年7月からは、新たに「ライト」プランが追加され、最大通信速度は200Kbpsながら月額440円と格安で利用できるようになりました。

DMMモバイルの詳細情報へ

 

FREETEL

FREETEL
2015年7月からfreetel mobileからFREETELという新しいブランドとなり、データ使用量に合わせた6段階の新料金プランもスタートしました。

FREETELは、とにかく格安を売りにしているMVNOで、業界最安値の月額299円(100MB)から利用することができます。
また、データ量は100MB~10GBの6段階の価格設定となっており、使った分だけ無駄なく利用することができるため、普段あまりインターネットをしない方や毎月のデータ使用量にバラつきがある方でも安心して使用することができます。
8月からは音声通話の国際ローミングに対応したため、海外でも音声通話やSMSを利用できるようになりました。

FREETELは格安スマホのラインナップも豊富

FREETELは、洗礼されたデザインが特徴の「MIYABI」や、コスパ抜群の「Priori3 LTE」、Windows 10 Mobile搭載の「KATANA02」、二つ折りスマホ「MUSASHI」など、FREETEL独自のSIMフリースマートフォンを販売しており、他社と比較してもラインナップが非常に充実しているのが特徴です。

FREETELが提供する格安SIMとセットで購入することができます。

FREETELの詳細情報へ

 

ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTEのプラン・料金
ぷららモバイルLTEは、LTE通信が無制限で、しかも定額で利用できるプランが特徴です。

インターネットや動画視聴の頻度が高く、制限なしで使いたい方にはオススメのMVNOです。
また、音声通話も対応しているため、090や080の電話番号も利用できます。

有害サイトやセキュリティ上危険なサイトをブロックする「ネットバリアベーシック」が無料で標準提供されたり、
動画配信サービスの「ひかりTV」のエントリープランも無料で標準提供されるため、映画やドラマ、アニメやバラエティなど約3,000本の人気作品が見放題で楽しむことができるのも大きな特徴となります。

ぷららモバイルLTEの詳細情報へ

 

イオンモバイル

イオンモバイル

イオンモバイル(AEON MOBILE)は、イオンリテールが提供するドコモの通信網を利用したMVNOサービスで、他社にも負けない低価格の料金と、音声プランは500MB/月~50GB/月の大容量プランまで豊富に取り揃えているのが特徴です。

格安SIMだけでなく、スマートフォンやモバイルWi-Fiルーターなども購入することもでき、電話サポートやセキュリティ、端末の安心保証サービスなど有料オプションサービスも提供します。

イオンモバイルだからできるアフターサポートも

イオンモバイルだからできるアフターサポート

最近では実店舗を展開するMVNOも増えてきていますが、イオンモバイルは全国213店舗あるイオン店舗にて故障修理受付や料金プラン変更等のアフターサポートも行っていくので、格安SIMやスマートフォンを購入してからも、しっかりとサポートしてくれます。

格安スマホのことで何かわからないことがあっても、無料相談できるので年配の方などスマートフォン初心者には嬉しいポイント。

イオンモバイルの詳細情報へ

 

トーンモバイル

トーンモバイル
トーンモバイルは、TSUTAYAなどを運営するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)とフリービットの合併企業で、3月にfreebit mobile事業を分割して誕生しました。
料金プランは、月額1,000円の基本プランのみとシンプルでわかりやすい料金となっており、音声通話はオプションで月額953円で利用することができます。
また、SMS機能は標準で付いており、こちらもシンプルでわかりやすい形となっています。

トーンモバイル独自の充実したサービスも

端末料金・月額料金に対してTポイントが貯まったり、コールセンターによる電話サポートや画面共有、遠隔リモートサポートサービスも無料で利用できるなど、初心者にも嬉しいサービスが充実しているのも嬉しいポイントです。

トーンモバイルの詳細情報へ

 

IIJmio(みおふぉん)

IIJmioのプラン
音声通話機能付きやデータ専用SIM、SMS機能付きSIM、プリペイドSIMがあり、自分の好きなSIMが選べます。
また、多彩なプランと、余ったデータ量は翌月に繰り越せるなど、サービスも充実しています。
高速通信のデータ量を「クーポン」とし、高速・低速の使い分けや、クーポンがなくなっても買い足すことで高速通信が可能となります。
ドコモ回線を利用した、音声通話プランもあります。

新たに「みおふぉんダイアル」サービスも提供され、利用料も無料で、通話料金が半額で電話をすることができるようになりました。
2015年7月からは、スマートフォンとSIMをセットで購入することもできるようになり、様々なニーズに対応できるようになりました。

「山手線内通信速度」や「総合的な満足度」で高い評価

IIJmioの高い満足度
山手線内で、主要「格安SIM」の通信速度テストを実施した結果、IIJmioのSIMがダントツで使いやすいという結果に。
また、主要MVNO 5社中、IIJmio利用者の満足度が最も高く、データ通信速度やデータ通信品質の項目でも高い評価を得ているMVNOとなります。

IIJmio(みおふぉん)の詳細情報へ

 

NifMo(ニフモ)

NifMo(ニフモ)
初めてのスマホでも安心の「NifMo 訪問レクチャー」や水濡れ、故障、破損、落下などの機器のトラブルも安心「NifMo あんしん保証」などのオプションがあり、初めてスマホを持つユーザーも安心できるオプションサービスがあるのが特徴です。

中でも一番の特徴は、お買いものをすると携帯料金が安くなる「NifMo バリュープログラム」があり、使いようによっては毎月の携帯料金がさらに安くなることも。

2015年7月からは、「データ繰り越し」が可能となり、その月に使い切らなかったデータ通信量を翌月まで繰り越すことができ、無駄なく利用できるようになりました。
また、1.1GB/月のプランが新たに加わり、データ専用プランの場合は月額640円から利用できるようになったため、他社と比較しても最安値クラスになりました。

NifMoも実績あるMVNOサービス

NifMoは実績あるMVNOサービス

株式会社イードが「RBB SPEED TEST」のユーザーを対象に実施した「格安SIMアワード2015」ではコストパフォーマンス部門「最優秀賞」、通信速度部門「優秀賞」を受賞するなど実績があるMVNOサービスとなります。

NifMo(ニフモ)の詳細情報へ

 

ドコモ系MVNOが提供する通話SIMの最安値プラン比較

各ドコモ系MVNOが提供する音声通話に対応したSIMの最安値プランを比較しやすいようにまとめました。
MVNOでは、その他にも様々なプランを提供しているので、気になるMVNOがあったら詳細情報にてご確認ください。

MVNO プラン 最大通信速度 通信容量上限/月 月額料金
楽天モバイル 通話SIM ベーシック 200kbps 1,250円
BIGLOBE SIM 音声通話スタートプラン 225Mbps 1GB/月 1,400円
DTI SIM 音声プラン 1GB 150Mbps 1GB/月 1,200円
OCN モバイル ONE 110MB/日コース(音声通話SIM) 150Mbps 110MB/日 1,600円
エキサイトモバイル 定額プラン 1GB 300Mbps 1GB/月 1,370円~
スマモバ 音声SIM 1GB 150Mbps 1GB/月 1,580円
U-mobile 通話プラス 3GB 225Mbps 3GB/月 1,580円
mineo(Dプラン) デュアルタイプ 500MB 225Mbps 500MB/月 1,400円
DMMモバイル 通話SIMプラン ライト 200Kbps 1,140円
FREETEL 通話+SMS+データ通信 150Mbps 1GB/月 1,199円
ぷららモバイルLTE 定額ライトプラン(通話プラス) 150Mbps 110MB/日 1,600円
イオンモバイル 音声プラン 0.5GB 500MB/月 1,180円
トーンモバイル 基本プラン(3G音声オプション) 600Kbps 1,953円
IIJmio ミニマムスタートプラン(音声通話機能つき) 225Mbps 3GB/月 1,600円~
NifMo 1.1GBプラン(音声通話対応) 150Mbps 1.1GB/月 1,340円

※情報が古くなっている場合があるので、詳細については各MVNOの公式サイトにてご確認ください。

 

ドコモ回線を利用したMVNO一覧と最安値プラン比較のまとめ

MVNOのほとんどはドコモ回線を利用してサービスを提供しています。

メリットとして、ドコモ回線を使用しているので3Gも使えるため広いエリアをカバーしていることや、安定して繋がりやすいことが挙げられます。

今回ご紹介したドコモ系MVNOの中でも、サービスの充実度では、かけ放題サービスやコミコミプラン、その他オプションサービスなどが充実している「楽天モバイル」がオススメ。

料金の安さは「DMMモバイル」や「DTI SIM」あたりがオススメ。

回線速度が心配な方は、回線速度の評判が良い「IIJmio」を検討してみると良いでしょう。

その他、MVNOを選ぶ基準としては余ったデータ通信量(パケット)を翌月に繰り越せるMVNOや、オプションサービスが充実しているMVNOを考慮して選ぶのも良いかと思います。

 
※実際の情報とは異なる場合がありますので、詳細は各WEBサイトをご覧ください。

 - MVNOの基礎知識, MVNOの比較

1 楽天モバイル
楽天モバイル

5分以内の国内通話なら何度でもかけ放題になる「5分かけ放題オプション」あり

  •  ドコモ回線
  •  かけ放題あり
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額525円~

2 mineo
mineo

ドコモ回線を利用した「ドコモプラン」とau回線を利用した「auプラン」が選べる

  •  ドコモ回線
  •  au回線
  •  通話定額あり
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額700円~

3 BIGLOBE SIM
BIGLOBE SIM

家族の利用でお得になるシェアSIMで余ったデータ通信量を分け合える

  •  ドコモ回線
  •  おトクな通話パックあり
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額900円~

  関連記事

GALAXY(ギャラクシー)
GALAXYが使えるMVNO(格安SIM)の比較

SAMSUNG(サムスン)のGALAXY(ギャラクシー)シリーズはスマートフォン …

Xperia(エクスペリア)
Xperia(エクスペリア)が使えるMVNO(格安SIM)の比較

日本が誇るソニーのハイスペックスマートフォン「Xperia(エクスペリア)」シリ …

マルチキャリア対応のMVNO(格安SIM)
マルチキャリア対応のMVNO(格安SIM)比較

2015年9月からmineo(マイネオ)がドコモ回線を利用したプランとau回線を …

セキュリティサービスがあるMVNO比較
セキュリティサービスがあるMVNO(格安SIM)比較

スマートフォンを利用する上で、セキュリティ面で不安に思う方は結構いるのではないで …

ZenFone 2
ZenFoneが使えるMVNO(格安SIM)の比較まとめ

ASUSの「ZenFone」は高性能ながら低価格を実現したコストパフォーマンスに …

通信量が7GBのMVNO(格安SIM)比較
通信量が毎月7GBのMVNO(格安SIM)比較

MVNO(格安SIM)の場合、7GB/月で2,000円台から利用でき、大手キャリ …

テザリングに対応しているMVNO(格安SIM)
テザリングに対応しているMVNO(格安SIM)の一覧

毎月の携帯料金が格安になるMVNOを利用する方が増えてきていますが、 MVNOが …

FREETELと楽天モバイル
FREETELと楽天モバイルどっちがおすすめ?料金やサービス、評判を徹底比較

データ量が100MB~10GBの6段階プランが特徴のMVNOサービス「FREET …

HUAWEI P8lite
HUAWEI P8liteがセットで購入できるMVNO比較

6月19日に、HUAWEIの格安スマートフォン「HUAWEI P8lite」の発 …

MVNO(格安SIM)
SIMロック解除とは?

2015年5月からSIMロック解除が義務化されました。 これにより、大手キャリア …