スマホの分割払いが可能なMVNO(格安SIM)の比較

スマホの分割払いが可能なMVNO(格安SIM)の比較 MVNOの比較
記事内にプロモーションが含まれています。

最近では格安なSIMフリースマートフォンが販売されていますが、一括で購入するのはちょっと負担が大きくなってしまうので、端末代金は分割払いで毎月の携帯料金と一緒にお支払いしたいですよね。

スマートフォン端末の分割購入は大手キャリアでは当たり前となっていますが、MVNOでは可能なのかわからないし、可能でもどのMVNOサービスが分割購入に対応しているのか分かりづらいと思います。

そこで今回は、スマホの分割払いが可能なMVNO(格安SIM)を比較しやすいように、まとめてご紹介したいと思います。

また、MVNOだけでなくキャリアやサブブランドも含めてご紹介していきます。

MVNOは月額基本料金が格安なので、端末代と合わせても毎月の料金は安く抑えることができるのでスマホ代を節約したい人は必見です!

スマホの分割払いが可能なMVNOサービスは以下になります。

スマホの分割払い 支払い回数
UQモバイル 最大48回
マイネオ 最大36回
IIJmio 最大24回
楽天モバイル 最大48回
ahamo 最大24回
J:COM MOBILE 最大48回
BIGLOBEモバイル 最大24回
トーンモバイル 最大24回
ワイモバイル 最大36回
イオンモバイル 最大24回

※購入する端末や利用プラン、決済方法などによってお支払い回数が異なる場合があります。詳細については各サービスの公式サイトにてご確認ください。
※お支払い方法によって分割手数料が発生する場合があります。

UQモバイル

UQモバイル

UQモバイルは、au回線を利用したMVNOサービス。手頃な料金ながらMVNOとしては安定した回線速度の評判も良いことや、サポートが受けられるショップも多いなど他社サービスにはない魅力があるサービスとなっています。

通話放題や着信転送サービス、割込通話サービスなど各種オプションサービスも充実しています。

SIMカードのみの提供はもちろん、iPhoneなどの端末も取り扱っているので、SIMとセットで購入することも可能。

UQモバイルは端末を購入する際、最大48回払いで購入することができるので月々のお支払いの負担は軽め。
また、端末のラインナップも豊富なのでSIMとスマートフォンのセット購入にもおすすめです。

公式サイト:UQモバイル

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)は、関西電力グループの株式会社オプテージが運営するMVNOサービスで、ドコモ・au・ソフトバンク回線を利用したプランを展開しています。

2種類のかけ放題オプションや端末保証、サポートプションなど充実したサービスも提供されているので、メインのスマーフォン用としても利用しやすいサービスとなっています。

マイネオのかけ放題サービスは、専用アプリから発信する必要がないので、スマートフォンに最初から入っている電話アプリでそのまま発信できる点も魅力。

SIMのみの契約はもちろん、マイネオではスマートフォンやモバイルWi-Fiルーターも取り扱っているので、端末とSIMのセット購入も可能。

端末料金は最大36回払いで購入できます。

公式サイト:mineo(マイネオ)

IIJmio

IIJmio

IIJmioは、ドコモ網のプラン「タイプD」とau網のプラン「タイプA」を提供するマルチキャリアに対応したMVNOサービスで、それぞれでデータSIMと音声通話対応SIMを提供しています。

SIM単品だけでなく、スマートフォンとのセット購入やMNPで番号そのままで他社から乗り換えも可能。

データeSIM(ドコモ網のみ)なら2ギガプランで月額440円(税込)で利用可能。
音声通話SIMの2ギガプランでも月額850円(税込)という価格で利用できるので、メインで利用するスマートフォンの節約はもちろん、サブ携帯用としてもおすすめできる安さとなっています。

IIJmioは専用アプリ不要の通話定額オプションサービスやデータ容量のシェアなどサービス内容も充実。

IIJmioは最大24回払いでスマートフォン端末を購入できます。
端末のラインナップも充実しているのでスマホセットで他社から乗り換える場合にもおすすめ。

IIJmioの公式サイトへ

楽天モバイル

楽天モバイル

以前はMVNOサービスとして提供していた楽天モバイルですが、現在は自社回線を構築・保有しているMNOとして展開しています。

シンプルでわかりやすい料金体系と、格安料金プランが売りのキャリアなので、MVNOが提供する格安SIMと比較検討されている方は多いはず。

楽天モバイルの最強プランを契約すると、SPUで楽天市場でのお買い物でポイント付与率が+4倍になるなど、楽天でお買い物する人はメリットがあるサービスとなっています。

データ専用のRakuten最強プランも提供しているほか、スマートフォンやタブレット、モバイルWi-Fiルーターなどの端末の販売も行っているので、SIMとスマホのセット購入も可能。

楽天モバイルもスマートフォンの分割払いに対応しており、楽天カードを利用した場合は最大48回払いが可能となっています。

公式サイト:楽天モバイル

ahamo(アハモ)

ahamo(アハモ)

ahamoはオンラインのみ申し込みが可能なNTTドコモの格安料金プランですが、実質的にドコモのサブブランドの通信サービス。

ahamoの基本料金は月額2,970円(税込)で、通話とデータ通信がセットになったプランです。

通話に関しては、標準で5分以内の国内通話が無料になっており、5分を超えた通話をした場合は、30秒につき22円(税込)が課金されます。

5分以内のかけ放題は別途オプション制になっている会社が多い中、標準でついているのは嬉しいですよね。

データ通信量に関しては、たっぷりと20GB利用できます。

ahamoもスマホなどの端末を販売しており、分割購入が可能。
分割払いは実質年率0%、支払い期間は最大26ヶ月(24回)です。

公式サイト:ahamo(アハモ)

J:COM MOBILE

J:COM MOBILE

J:COM MOBILEは、ケーブルテレビ J:COMでおなじみの株式会社ジュピターテレコムが運営するau回線を利用したMVNOサービスです。

J:COM MOBILEと「J:COM TV」「J:COM NET」などの対象サービスをセットで契約するとデータ容量が増量される「データ盛」が適用されるので、容量が少ないプランを選んでもたくさんネットが利用できます。

かけ放題オプションや端末保証などのオプションサービスもあるので安心。

J:COM MOBILEでも端末の販売を行っており、最大48回の分割払いでの購入が可能。
支払期間は最大48カ月、実質年率0%となります。

公式サイト:J:COM MOBILE

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、KDDIグループのビッグローブ株式会社が運営するMVNOサービスで、ドコモ(タイプD)とau(タイプA)回線を利用したサービスを提供するマルチキャリアに対応したMVNOとなります。

データ専用SIMから音声通話SIMまで提供しており、MNPで他社からの乗り換えにも対応。

対象の動画配信サービスや音楽聴き放題サービスで発生したパケットはカウントされない「エンタメフリー・オプション」を提供するなど独自サービスも魅力。

スマートフォン端末のラインナップも豊富なので、SIMカートとスマホのセット購入もOK。
最大24回の分割払いにも対応しています。

分割払いの支払期間25カ月、実質年率0%です。

公式サイト:BIGLOBEモバイル

トーンモバイル

トーンモバイル

トーンモバイルは、株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)が提供するMVNOサービスで、シンプルでわかりやすい料金プランと年配の方や子供に嬉しい機能が充実しているサービスが充実しています。

Android搭載のトーン独自の機能が付いたスマートフォン端末の販売も行っているので、子供用のスマートフォンとしてSIMカードとセットで購入することもできます。

居場所確認やアプリの利用制限などの子供のみまもり機能が利用できるので、子供が初めて持つスマートフォンとしておすすめです。

トーンモバイル独自のスマートフォンは最大24回の分割払いで購入することが可能。
ただし、利用するカード会社や分割回数によって分割手数料が発生します。

公式サイト:トーンモバイル

ワイモバイル

ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンクのネットワークを利用した広いエリアをカバーする通信サービスで、全国幅広いエリアで利用可能。

MVNOと比べて月額基本料金は高めですが、おうち割 光セット(A)やワイモバ親子割で大幅に割引されるのが特徴。

スマートフォン端末のセット購入も可能で、最大36回払いが選択できます。
スマホのラインナップも豊富なので、他社からスマホとセットでの乗り換えにもおすすめ。

公式サイト:ワイモバイル

イオンモバイル

イオンモバイル

イオンモバイル(AEON MOBILE)は、イオンリテールが提供するドコモとauの通信網を利用したMVNOサービスで、低価格な料金プランと全国に展開する店舗でのサポート体制が魅力です。

通話定額オプションやスマホ安心保証、電話サポート、セキュリティなどのオプションサービスも充実しているので、他社からの乗り換えてスマホ費用を抑えたい人にもおすすめ。

MVNOでも珍しい月間0.5GBの低容量プランから50GBの大容量プランも用意されているので、スマートフォンの利用頻度に合わせて最適なプラン選びができます。

SIM単品での契約はもちろん、スマートフォンの販売も行っているのでスマホとSIMのセット購入も可能。
イオンカードを利用することで「イオンカード24回無金利分割払い」が使えます。

イオンカード24回無金利分割払いは、イオンマークのカードでのお支払いが必須で、イオンモバイル通信サービス利用者専用のお支払い方法となります。

公式サイト:イオンモバイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました