MVNO(格安SIM)比較

MVNO(格安SIM)の基本情報やプラン、比較情報、最新情報、お得なキャンペーン情報などをご紹介しています。

Galaxy S8/S8+が使えるMVNO(格安SIM)と利用する際の注意点

ドコモやauショップで購入した「Galaxy S8」や「Galaxy S8+」を料金が格安なMVNOのSIMカードを挿して利用したいとお考えの方は少なくないと思います。

格安SIMに切り替えれば毎月の携帯料金が大幅に節約できる可能性も高いため、少しでも料金を安く利用したい方はこの機会に検討してみるのも良いでしょう。

そこで今回は「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」が利用できるMVNO(格安SIM)と大手キャリアから乗り替える際の注意点などをご紹介いたします。

 

SIMカードを差し替えるだけで安くなる理由

SIMカードを差し替えるだけで安くなる理由

docomoで購入した「Galaxy S8」もしくは「Galaxy S8+」はドコモのSIMカードが差し込まれていますが、同じドコモ回線を利用したMVNOのSIMカードに差し替えれば(乗り換えれば)、端末はそのままで毎月の携帯料金だけ安くすることも可能となります。

関連情報:SIMカードのサイズ・種類について

auの場合も同じで、au系のMVNOであればSIMロック解除しなくても利用しやすいため、SIMカードを差し替えて初期設定を行えば料金が安くなることも。

ただし、大手キャリアは解約してMVNOと契約する形となるため、キャリアメールが使えなかったり、通信速度が時間帯によって不安定になるなど全く同じサービスが受けられるとは限らない点も認識しておく必要があります。

また、MVNOによっては同じ回線を利用したサービスでもうまく利用できないケースやSIMロック解除が必要になることもあるため、各MVNOが公開している動作確認済み端末の一覧をチェックしておいたほうが安心なんです。

関連情報:SIMロック解除方法と対象機種の条件

使い方によっては大手キャリアから乗り替えるだけで、毎月の料金が1/3ほどになるケースもあるので、少しでも安く「Galaxy S8」を利用したい方は格安SIMを検討してみると良いでしょう。
 

Galaxy S8/S8+が利用できるMVNO

各MVNOで公開されている情報を元に、「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」が利用できる(動作確認済み)MVNOサービスをまとめました。

ご紹介するGalaxy S8/S8+は以下の端末となります。

Galaxy S8 SC-02J 【ドコモ版】
Galaxy S8+ SC-03J 【ドコモ版】
Galaxy S8 SCV36 【au版】
Galaxy S8+ SCV35 【au版】

また、各MVNOの特徴や料金についても簡単にご紹介いたします。サービスの詳細についてご覧になりたい方は公式サイトもしくはサービス紹介ページをご覧ください。

※2018年2月14日時点の情報となりますので、最新の情報はお手数ですが、各MVNOの公式サイトにてご確認ください。

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)

マルチキャリア対応のMVNOでドコモとau回線を利用したサービスを提供しているため、SIMロックを解除していない端末でも対応機種が多いのが特徴です。

auプランの通話SIMなら月額1,310円から利用が可能なので、普段あまりスマートフォンを利用しない方であれば大幅に料金を節約することも可能。

mineoで動作確認ができている端末は以下になります。

ドコモプラン(Dプラン)

機種名 データ通信 音声通話 テザリング SIMカード種別 動作確認済みOS
Galaxy S8
SC-02J
nanoSIM Android 7.0
Galaxy S8+
SC-03J
nanoSIM Android 7.0

 

auプラン(Aプラン)

auプランはSIMロック解除が必要となります。

機種名 データ通信 音声通話 テザリング SIMカード種別 動作確認済みOS
Galaxy S8
SCV36
au VoLTE
(nano)
Android 7.0
Galaxy S8+
SCV35
au VoLTE
(nano)
Android 7.0

 

mineoのサービス紹介ページへ

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルもドコモ回線とau回線を利用したサービスを提供しているので、各キャリアで購入したGalaxy S8、Galaxy S8+が使いやすくなっています。

通話SIMでも「音声通話スタートプラン」なら月額1,400円から利用することができます。

また、3分かけ放題や自宅訪問サポートなどオプションサービスも充実しています。

BIGLOBEモバイルで動作確認ができている端末は以下になります。

ドコモプラン(タイプD)

機種名 データ通信 対応機能 テザリング SIMカード種別 動作確認済みOS
Galaxy S8
SC‐02J
3G
LTE
音声通話
SMS
データ通信
nanoSIM Android 7.0
Galaxy S8+
SC-03J
3G
LTE
音声通話
SMS
データ通信
nanoSIM Android 7.0

 

auプラン(タイプA)

機種名 データ通信 対応機能 テザリング SIMカード種別 動作確認済みOS
Galaxy S8
SCV36
LTE 音声通話
SMS
データ通信
nanoSIM Android 7.0
Galaxy S8+
SCV35
LTE 音声通話
SMS
データ通信
nanoSIM Android 7.0

 

BIGLOBEモバイルのサービス紹介ページへ

nuro mobile

nuroモバイル

ソニーネットワークコミュニケーションズが運営するMVNOサービス「nuro mobile」ではドコモ回線とソフトバンク回線を利用したサービスを提供しているため、ドコモで購入した「Galaxy S8」「Galaxy S8+」は利用しやすくなっています。

ドコモプランの通話SIMなら毎月2GBの高速データ容量が使えて月額1,400円とコストパフォーマンスに優れています。

通話料が半額になる「nuroモバイルでんわ」や端末補償、訪問サポートなどオプションサービスも充実。

nuro mobileで動作確認ができている端末は以下になります。

機種名 SIMカードサイズ 備考
Galaxy S8
SC-02J
nanoSIM
Galaxy S8+
SC-03J
nanoSIM

 

nuro mobileのサービス紹介ページへ

NifMo(ニフモ)

NifMo(ニフモ)

NifMoはドコモ回線を利用したサービスを提供しており、データ専用通信SIM、SMS機能付きデータSIM、音声通話SIMを提供。

ドコモで購入した「Galaxy S8」「Galaxy S8+」が使いやすく、テザリングも利用することができます。

通話SIMの料金は毎月3GBの高速データ容量が使えて月額1,600円と非常に安い料金から利用可能。
もちろんMNPに対応しているので、他社から番号そのままで乗り換えもできます。

NifMoで動作確認ができている「Galaxy S8」は以下になります。

機種名 テザリング SIMカードサイズ 動作確認済みOS
Galaxy S8
SC-02J
nanoSIM Android 7.0
Galaxy S8+
SC-03J
nanoSIM Android 7.0

 

NifMoのサービス紹介ページへ

LINEモバイル

LINEモバイル

ドコモ回線を利用したサービスを提供するLINEモバイルではドコモ版「Galaxy S8」「Galaxy S8+」の動作確認ができています。

音声通話やデータ通信、テザリングも利用可能。

LINEアプリの通話、トークがデータ消費ゼロの「LINEフリープラン」の通話SIMでも月額1,200円から利用可能な格安料金が魅力。

月額880円で利用できる「10分電話かけ放題オプション」、端末保証オプションなどオプションサービスも提供しています。

LINEモバイルで動作確認ができている「Galaxy S8」は以下になります。

機種名 データ通信 音声通話 テザリング SIMカードサイズ 動作確認済みOS
Galaxy S8
SC-02J
nanoSIM Android 7.0
Galaxy S8+
SC-03J
nanoSIM Android 7.0

 

LINEモバイルのサービス紹介ページへ

DTI SIM

DTI SIM

DTI SIMはドコモ回線を利用したサービスを提供。
音声通話SIMでも月間1GBのプランなら月額1,200円から利用できるなど格安料金が魅力のMVNOサービスです。

DTI SIMでも「Galaxy S8」「Galaxy S8+」の動作確認が行われており、問題なく動作することが確認されています。

動作確認ができている「Galaxy S8」は以下になります。

機種名 SIMカードサイズ 動作確認済みOS 確認結果
Galaxy S8
SC-02J
nanoSIM Android 7.0
Galaxy S8+
SC-03J
nanoSIM Android 7.0

 

DTI SIMのサービス紹介ページへ
 

MVNOに乗り替える際の注意点

MVNOによっては通話SIMでも月額1,200円から利用することができます。

現在docomoやauで利用している「Galaxy S8」「Galaxy S8+」をMVNOのSIMカードに差し替えるだけで、毎月の携帯料金を大幅に節約することは可能となりますが、キャリアの回線を借りているとはいえ乗り替える場合は各MVNOと契約することになるので、大手キャリアと同等のサービスは受けられないと考えておくようにしましょう。

大手キャリアを利用している方の多くが2年契約の自動更新となっているため、乗り替える時期についても考えておく必要があります。

MVNOの場合は申し込みから初期設定まで、基本的には全て自分で行う必要があることも事前に認識しておきましょう。

また、申し込みの際は端末に合ったSIMカードを選ぶことや、場合によっては事前にSIMロック解除が必要なこともあるので注意しましょう。

とはいえ、MVNOに乗り換えれば携帯料金が1/3ほどになるケースも少なくないので、少しでもスマホ代を安く抑えたい方は是非MVNOの格安SIMを検討してみてくださいね。

MVNOサービスの一覧へ

 - MVNOの基礎知識

1 IIJmio
IIJmio

回線速度の評判も○。ユーザー満足度が高いMVNOサービス。

  •  ドコモ回線
  •  au回線
  •  かけ放題あり
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額900円~

2 UQ mobile
UQ mobile

回線が混み合うお昼の時間帯でも安定して速いと評判のau系MVNO。

  •  au回線
  •  通話定額あり
  •  かけ放題あり
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額980円~

3 mineo
mineo

トリプルキャリア対応でドコモ・au・ソフトバンク版iPhoneも使いやすい!

  •  ドコモ回線
  •  au回線
  •  ソフトバンク回線
  •  かけ放題あり
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額700円~

  関連記事

ワイモバイルの光セット割
ワイモバイルの光セット割はどのくらい安くなる?割引額と対象プラン

格安SIMも販売する実質的なソフトバンクのサブブランドとしてMVNO市場に影響を …

楽天モバイルの口座振替
楽天モバイルで口座振替を利用方法や注意点まとめ

楽天モバイルは、決済方法に「口座振替」が追加され、クレジットカードを持っていなく …

クレジットカード
MVNO(格安SIM)の支払い方法

MVNOのデメリットの一つとして、「支払い方法に制限が多い」ことが挙げられます。 …

IIJmioのSIM追加方法
IIJmioでSIMを追加する方法と利用までの流れについて

この記事では、すでに契約中のIIJmioで新たにSIMカードを追加する方法と利用 …

NifMo(ニフモ)の解約方法
NifMo(ニフモ)の解約方法とその流れ

NifMoは通話機能付きSIMだけでなく、最低利用期間がないデータ専用SIMを低 …

MNP予約番号の取得方法と各キャリアの受付窓口
MNP予約番号の取得方法と各キャリアの受付窓口について

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアからMVNOの格安SIMへ乗り換える …

エキサイトモバイルで使えるiPhoneとAPN設定方法
エキサイトモバイルで使えるiPhoneとAPN設定方法

大手キャリアで購入したiPhoneを格安SIMで運用しようとお考えの方は結構多い …

no image
楽天モバイルの新しくなった「スーパーホーダイ」を解説!変更点と他社比較

楽天モバイルの料金プランは高速通信容量や通話オプションサービスなどを自由に組み合 …

IIJmioでiPhoneを利用するための完全マニュアル!乗り換えから初期設定までの流れ
IIJmioでiPhoneを利用するための完全マニュアル!乗り換えから初期設定までの流れ

ドコモとau回線のプランを選ぶことができるIIJmioは、キャリアで購入したiP …

APN設定とは?
格安SIMの利用に必要なAPN設定とは?iOS/AndroidのAPN設定の流れ

格安SIMを利用するにはAPN(アクセスポイント名)設定が必要です。 このアクセ …