MVNO(格安SIM)比較

MVNO(格安SIM)の基本情報やプラン、比較情報、最新情報、お得なキャンペーン情報などをご紹介しています。

SIMカードのサイズ・種類について

      2016/12/12

大手キャリアからMVNOへ乗り換えて、SIMカードを差し替えるだけで毎月の携帯料金が1/3になるというフレーズはよく目にしますが、そもそもSIMカードとは何のことでしょうか?

スマートフォン端末にはSIMカードを差し込むSIMスロットがあり、それぞれの機種に合ったSIMカードを購入する必要があるんです。

そこで今回は、SIMカードの種類やサイズについてご紹介したいと思います。

 

SIMカードって?

SIMカードって?

SIMカードには、IMSI (International Mobile Subscriber Identity) と呼ばれる固有の番号が付与されており、これと電話番号を結びつけることにより通信を可能とする。SIMカードを抜き差しすることで、電話番号を他の携帯電話機に移したり、ひとつの携帯電話端末で複数の電話番号を切替えて使用したりすることができる。

引用元:仮想移動体通信事業者:Wikipedia

何だか難しいですが、簡単に言うとSIMカードは電話番号を特定するために固有のIDが記録されたカードのことです。これによりスマートフォンなどのデバイスで通信することができます。

SIMカードの形状は種類によって大きさが異なるため、スマートフォンを購入する際は自分が持ってる端末のSIM形状を確認する必要があります。

お持ちのスマートフォン端末のSIMサイズがわからない場合は端末の公式サイトなどで確認すると良いでしょう。

例えば富士通の「arrows M02」をお使いになっている場合、「arrows M02」で検索すると公式サイトがヒットします。

arrows M02のSIMサイズ

製品情報のスペックを確認すると「SIMサイズ」という項目があり、そこには「nanoSIM」と記載されています。

MVNOを申し込む際はSIMカードのサイズは「nanoSIM」を選択すれば端末に合ったSIMカードを購入することができます。

 

SIMカードの種類

SIMカードは主に3種類に分類することができます。

標準SIMカード

縦:25mm 横:15mmの一番大きなSIMカードになります。
初期のスマートフォンに多く搭載されていましたが、最近の端末には少ない種類だと思います。

microSIMカード

縦:15mm 横:12mmの大きさです。
iPhone4Sなどに搭載されていました。
標準SIMに比べて、かなり小型化されているのが特徴です。

nanoSIMカード

縦:12.3mm 横:8.8mmの小型のSIMカードです。
microSIMカードよりもさらに小型化。ここまでのサイズになると、ICチップ部分のみと言っても過言ではない形状です。

ourth form factor (4FF) とも呼ばれているようです。
iPhone5やiPad miniにも搭載されています。

新しく発売されるスマートフォン端末の多く搭載されています。

 

iPhoneのSIMカード

日本でも人気のiPhoneですが、キャリアで購入したiPhoneをMVNOでも使い続ける方も多いかと思います。

iPhoneの機種によってはSIMカードが異なりますので、格安SIMを申し込む際は機種に合ったSIMカードを選びましょう。

機種 SIMカード
iPhone 3GS 標準SIM
iPhone 4s/iPhone 4 microSIM
iPhone 7/iPhone 7 Plus/iPhone SE/iPhone 6s/iPhone 6s Plus/iPhone 6/iPhone 6 Plus/iPhone 5s/iPhone 5c/iPhone 5/ nanoSIM

 

申し込むSIMのサイズを間違えた場合は?

申し込むSIMのサイズを間違えた場合は?

MVNOによって取り扱うSIMカードのサイズは異なる場合もありますが、多くのサービスでは「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」の3種類のSIMカードを取り扱っており、申し込む際に購入するSIMカードのサイズを選択します。

しかし人によってはスマートフォンには合わないSIMカードを購入してしまうケースもあるかと思います。

その場合、そのまま挿して使用することができないため、SIMのサイズ変更をする必要があります。
SIMカードのサイズ変更はSIM発行手数料として2,000円~3,000円ほど料金が発生しますので、申し込みの際は間違えないように注意しましょう。

 
※実際の情報とは異なる場合がありますので、詳細は各WEBサイトをご覧ください。

 - MVNOの基礎知識

1 楽天モバイル
楽天モバイル

5分以内の国内通話なら何度でもかけ放題になる「5分かけ放題オプション」あり

  •  ドコモ回線
  •  かけ放題あり
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額525円~

2 mineo
mineo

ドコモ回線を利用した「ドコモプラン」とau回線を利用した「auプラン」が選べる

  •  ドコモ回線
  •  au回線
  •  通話定額あり
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額700円~

3 LINEモバイル
LINEモバイル

LINEやTwitter、Facebook、Instagramのデータ消費がゼロのプランが魅力

  •  ドコモ回線
  •  カウントフリーが充実
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額500円~

  関連記事

UQモバイルとiPhone
UQモバイルで利用できるiPhoneとSIMの組み合わせ一覧

以前はUQモバイルで利用が難しかったiPhone端末ですが、iPhone専用SI …

ワイモバイルの光セット割
ワイモバイルの光セット割はどのくらい安くなる?割引額と対象プラン

格安SIMも販売する実質的なソフトバンクのサブブランドとしてMVNO市場に影響を …

MVNO(格安SIM)
MVNOでテザリングする場合の注意点

MVNOは今まで紹介した通り、格安で利用できるなどメリットが多く感じたかと思いま …

IIJmioのSIM追加方法
IIJmioでSIMを追加する方法と利用までの流れについて

この記事では、すでに契約中のIIJmioで新たにSIMカードを追加する方法と利用 …

MVNOの契約
MVNOとは?その仕組みとサービス提供する事業者について

最近よく「MVNO」や「格安SIM」「格安スマホ」というキーワードをテレビなどで …

イオンモバイルのSIMとAndroid端末
イオンモバイルのSIMをAndroid端末で利用するための初期設定方法

Android OSを搭載したスマートフォン・タブレット端末でイオンモバイルのS …

MVNOの契約
auからMVNOに移行するまでの流れ

auをご利用中の方で、月額料金の安いMVNOへの移行をお考えの方も多いのではない …

MVNO(格安SIM)
SIMロック解除とは?

2015年5月からSIMロック解除が義務化されました。 これにより、大手キャリア …

iPhoneが使えるMVNO(格安SIM)の比較

現在、自分が所有しているiPhoneをMVNOに移行しても、そのまま使い続けたい …

MVNO(格安SIM)が安い理由とデメリット

前回はMVNO(格安SIM)について概要を紹介いたしましたが、元々興味があった方 …