MVNO(格安SIM)比較

MVNO(格安SIM)の基本情報やプラン、比較情報、最新情報、お得なキャンペーン情報などをご紹介しています。

テザリング用のおすすめSIMフリースマホと格安SIMの組み合わせ

テザリング用のおすすめSIMフリースマホと格安SIMの組み合わせ

格安スマホや格安SIMの登場により個人所有であっても手軽に複数のスマートフォンを持つことができるようになっています。

メインで利用するスマホのほかに、ゲームや動画視聴などサブのスマートフォンを所有している方も少なくないはず。

特に仕事などでインターネットを利用する方はテザリング機能を使うことを目的として、サブのスマホを所有するのもおすすめ。

そこで今回はテザリング用としておすすめのSIMフリースマートフォンと格安SIMの組み合わせについてご紹介していきたいと思います。

外でインターネットを利用したいだけなら格安SIMが利用できるモバイルルーターがおすすめですが、テザリングに加えて動画視聴やゲームにも利用したい方にご参考いただければと思います。
 

テザリング用のおすすめSIMフリースマホ

まずはテザリング機能を利用するために最適なスマートフォンをご紹介いたします。

長時間テザリングを利用するためにバッテリー持ちは重要です。しかもゲームや動画視聴など色々な用途に使用するならなおさら。

最近では低価格ながら大容量バッテリーを搭載したSIMフリースマホも発売されています。

ZenFone Max Pro(M1)

ZenFone Max Pro(M1)

まずご紹介するのがASUSのZenfone Maxシリーズ。

大容量バッテリーに加えて、他の端末へ給電することも可能な「リバースチャージ」機能を搭載した優れもの。
いざという時はモバイルバッテリーとして使うこともできるので、メインとしても使えますがサブ機としても頼もしい一台となります。

最近発売された機種ですと、5,000mAhの大容量バッテリーを搭載した「ZenFone Max Pro(M1)」があります。

DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応していて、利用できるMVNOが幅広く選べるのも魅力的。
また、端末の参考価格は29,800円(税抜)とお手頃なのも嬉しいポイントです。

OPPO AX7

OPPO AX7

続いてご紹介するのがOPPO「AX7」。
4230mAhの大容量バッテリーとAIによるバッテリー管理システム搭載により長いバッテリーの持ち時間を実現しています。

端末の参考価格は29,880円(税抜)とこちらもお手頃な価格設定となっています。
この価格帯でCPUはSnapdragon 450、メモリは4GB、ストレージが64GBとOPPOらしいコスパに優れた一台。

ドコモやau系MVNOも使いやすいので自分に合ったサービス、プランが選べます。
 

テザリング用としておすすめの格安SIM(MVNO)

今回ご紹介したSIMフリースマホとの組み合わせにもおすすめの格安SIMをご紹介いたします。

各MVNOの料金はもちろん、サービス内容や回線速度の評判についてもまとめています。

テザリング用と割り切るならデータ専用SIMがおすすめで、これであれば最低利用期間などの縛りがないMVNOも多いのでテザリング用のSIMカードとしても最適です。

まずできるだけ安定した回線速度を求める方はauの実質的なサブブランドであるUQ mobileがおすすめ。

UQ mobile

回線速度は速いと評判が良く、回線が混み合う時間帯でも快適にインターネットが利用できます。

管理人もUQ mobileのデータSIMを契約していますが速度に関しての不満が一切ないMVNOです。

データSIMの「データ高速プラン」なら毎月3GBの高速データ容量が使えて月額980円から利用可能。
しかも余ったデータ容量は翌月に繰り越しされるから無駄なくパケットが使えます。

回線速度が安定しているからビジネスシーンで使いやすい格安SIMとなります。

安い料金で利用したい人はDMM mobileがおすすめ

続いてご紹介するのがDMM mobileで、こちらは少しでも安い料金プランで利用したい人向けのMVNOサービス。

安く利用できる理由は基本料金の安さと選べるデータ容量が豊富なことで、1GBのデータSIMなら月額480円から利用可能。

低速のライトプランから最大20GBまで細かくデータ容量が選択できるので、自分の使用データ量に合わせて最適なプランを選ぶことができます。

データSIMなら最低利用期間もなく、余ったデータ容量は翌月に繰り越しもできます。

動画視聴や音楽を聴く人はBIGLOBEモバイルがおすすめ

動画視聴や音楽ストリーミングサービスを利用する方は対象サービス・機能で発生したデータ容量がカウントされてない「エンタメフリーオプション」を提供しているBIGLOBEモバイルがおすすめ。

このエンタメフリーオプションに加入すれば下記のサービス対象の動画や音楽をデータ通信量の制限なく利用することができます。

  • YouTube
  • YouTube Music
  • Google Play Music
  • Apple Music
  • AbemaTV
  • Spotify
  • AWA
  • radiko.jp
  • Amazon Music
  • U-NEXT
  • YouTube Kids

エンタメフリーオプションの月額料金はデータSIMの場合、SIM1枚毎に月額980円(税抜)。通話SIMなら月額480円(税抜)で利用できます。

ただし、公式サイトには「テザリングを利用した複数端末での動画・音楽の再生はエンタメフリー対象とならない場合がある」と記載されているので、テザリングで複数の端末を利用する場合は注意が必要です。

BIGLOBEモバイルの格安SIMは3ギガプラン(データSIM)なら月額900円(税抜)から利用可能。

関連情報:MVNOでテザリングする場合の注意点

 - MVNOの基礎知識

1 IIJmio
IIJmio

回線速度の評判も○。ユーザー満足度が高いMVNOサービス。

  •  ドコモ回線
  •  au回線
  •  かけ放題あり
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額900円~

2 UQ mobile
UQ mobile

回線が混み合うお昼の時間帯でも安定して速いと評判のau系MVNO。

  •  au回線
  •  通話定額あり
  •  かけ放題あり
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額980円~

3 mineo
mineo

トリプルキャリア対応でドコモ・au・ソフトバンク版iPhoneも使いやすい!

  •  ドコモ回線
  •  au回線
  •  ソフトバンク回線
  •  かけ放題あり
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額700円~

  関連記事

iPhoneとZenfone 3 MAXのSIMピン
SIMピンとは?必要になる場面やピンを紛失した場合の対処法

iPhoneや一部のAndroid搭載のスマートフォンには、SIMピンという金属 …

NifMo(ニフモ)の解約方法
NifMo(ニフモ)の解約方法とその流れ

NifMoは通話機能付きSIMだけでなく、最低利用期間がないデータ専用SIMを低 …

あああ
ドコモ回線を利用したMVNOと最安値プラン比較

MVNOの多くはドコモ回線もしくはau回線を利用してサービスを提供していますが、 …

MVNO(格安SIM)が安い理由とデメリット

前回はMVNO(格安SIM)について概要を紹介いたしましたが、元々興味があった方 …

イオンモバイルで使用できるiPhone端末とAPNの設定方法
イオンモバイルで使用できるiPhone端末とAPNの設定方法

このページではイオンモバイルのSIMカードをiPhoneもしくはiPadで利用す …

メール
MVNOとキャリアメールについて | キャリアメールが使えるMVNO(格安SIM)

格安料金が魅力のMVNO(格安SIM)ですが、大手キャリアから乗り換えた場合、全 …

エキサイトモバイルで使えるiPhoneとAPN設定方法
エキサイトモバイルで使えるiPhoneとAPN設定方法

大手キャリアで購入したiPhoneを格安SIMで運用しようとお考えの方は結構多い …

MVNOの契約
ドコモからMVNOに移行するまでの流れ

NTTドコモからMVNOへ移行をお考えの方にとっては、実際にどういった流れで契約 …

端末とセットで契約できるMVNO比較
MVNO(格安SIM)の契約期間と違約金について

MVNO(格安SIM)のメリットとして、契約期間の縛りが、docomoやau、ソ …

APN設定とは?
格安SIMの利用に必要なAPN設定とは?iOS/AndroidのAPN設定の流れ

格安SIMを利用するにはAPN(アクセスポイント名)設定が必要です。 このアクセ …