MVNO(格安SIM)比較

MVNO(格安SIM)の基本情報やプラン、比較情報、最新情報、お得なキャンペーン情報などをご紹介しています。

口座振替や振込みで契約できるMVNOとプランの比較

      2016/12/03

現在MVNOのほとんどは新規契約する場合、クレジットカードが必要になります。
しかし、中にはクレジットカードを持っていない方や使いたくないユーザーも多いかと思います。

今回はクレジットカード不要で、口座振替や振込みなどで契約できるMVNOをまとめました。
また、料金などのプラン内容も比較できるように一覧化したので、何かの参考になればと思います。

なお、支払い情報の詳細については、各WEBサイトをご参照ください。
また、会社によっては、電話受付のみやその他条件がある場合もありますので、予めご了承ください。

 

口座振替で契約できるMVNO

毎月の料金を口座振替で支払いができるMVNOの一覧です。

楽天モバイル

楽天モバイル

最大受信速度200kbpsながら、音声通話付きで月額1,250円からと、格安で利用できるのが特徴です。また「楽天でんわ」を申し込むことで通話料が半額になったり、端末同時購入で申し込むと楽天スーパーポイントが貯まったりと楽天が提供しているサービスだからこそのメリットも多いのが嬉しいポイントです。
データSIMのみの場合、月額525円~と他社と比較しても最安値クラスの格安料金で提供しています。

あらたに、5分以内の国内通話なら何度でもかけ放題になる「5分かけ放題オプション」や○○○@rakuten.jpのメールが無料で利用できるなど、さらにサービスが充実しました。

MNPを利用して番号そのままで他社から乗り換える場合も、SIMカードが届いてから任意のタイミングでMNPが可能になり、不通期間がほぼなく乗り換えができるようになりました。

楽天モバイルは、2016年11月利用分(12月請求分)の料金から口座振替に対応しました。
手数料は毎月100円(税別)で、新規で契約する場合でも、申し込み時に口座情報を登録することができるようになります。

ただし、端末代金の支払いには口座振替を利用できず、端末料金のみクレジットカード、もしくは「楽天スーパーポイント」にて支払う形となります。

楽天モバイルの詳細はこちら

 

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM
BIGLOBEが提供する広いエリアと安定したドコモ回線を使用したサービスで、データ通信のみと音声通話機能がついたプランを選ぶことができ、スマホやWi-Fiルーターのセット販売も行っています。

音声通話が付いたプランでも1GB/月ながら、1,400円から利用できるプランの他にも、最大で12GB/月の大容量プランも提供しているので、ライトユーザーはもちろん、ヘビーユーザーにもオススメのMVNOとなります。
BIGLOBEでんわを利用することで通話料金が半額になったり、よりお得なBIGLOBEでんわ通話パック、Wi-Fiスポットが追加料金なしで利用できるなどサービスも充実しています。

2016年2月からは、割込通話や留守番電話、国際ローミングも対応するなど通話オプションサービスも充実しました。

BIGLOBE SIMでは、データ専用SIMのみ決済方法がクレジットカード、口座振替の2種類から選ぶことができます。

BIGLOBE SIMの詳細はこちら

 

@モバイルくん。

@モバイルくん。

@モバイルくん。は、SORAシム株式会社が運営するdocomo回線を利用したMVNOサービスで、データ専用SIMやSMS付データSIMの他、音声通話SIMも提供。MNPで他社からの乗り換えにも対応しており、SIMカード単品だけでなく、SIMとスマートフォンのセット購入も可能です。

データ専用SIMは、3GB〜12GBまで選べる定額プランや、下り最大14Mbpsのデータ通信が制限なしで使用できる「3G使い放題」など多彩なプランが特徴。

音声通話SIMは500MB/月から利用できる「もっと使ったぶ〜んだけプラン」を提供しており、月額1,200円と業界最安値クラスの格安料金で提供しています。

利用開始月の基本料金は無料。データSIMは口座振替で利用できるので、クレジットカードを持っていない方でも利用できる数少ないMVNOサービスとなります。

@モバイルくん。の詳細はこちら

 

もしもシークス

もしもシークス
もしもシークスは、エックスモバイルが提供する格安SIMで、SNSも標準で付いているなど、シンプルでわかりやすいプラン構成となっています。
また、MVNOでは初めて、iPhone端末のセット販売を開始して話題を集めました。その他、XPERIAも販売するなど、取り扱っているスマートフォンも充実しています。

プランはデータ通信専用SIMと音声通話付きSIMを提供しているので、電話することも可能で、MNPを利用すれば、番号そのままで乗り換えもできます。
支払い方法はクレジットカード以外に、MVNOでは数少ない、口座振替もしくは銀行振込にも対応しているので、クレジットカードを使用したくない方にもオススメのMVNOとなります。

もしもシークスの詳細はこちら

 

ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTEのプラン・料金
ぷららモバイルLTEは、LTE通信が無制限で、しかも定額で利用できるプランが特徴です。
インターネットや動画視聴の頻度が高く、制限なしで使いたい方にはオススメのMVNOです。
また、音声通話も対応しているため、090や080、070の電話番号も利用できます。

ぷららモバイルLTEの詳細はこちら

 

インターリンクLTE SIM

インターリンクLTE SIM
プロバイダサービスを提供して、20年目を迎えたインターリンクが提供するMVNOで、「インターリンク LTE SIM」を装着するだけで、グローバル固定IPアドレスで高速データ通信が可能になるのが特徴です。
プランは4つあり、自分の利用頻度に合わせてプランを選ぶことができると思います。
また、余ったデータ通信の残量を翌月に繰り越すこともできるので、無駄なく利用することができます。

以前は個人と法人契約どちらでも口座振替支払いに対応していましたが、2016年2月17日からは個人での契約ではクレジットカード決済のみとなりました。
法人契約の場合はクレジットカード以外に、口座振替支払いやtabalまるごと決済(NTT支払い)が可能です。

インターリンクLTE SIMの詳細はこちら

 

ゆうちょ・コンビニ振込みで契約できるMVNO

Tikiモバイル LTEライト

Tikiモバイル LTEライト
NTTドコモの回線を利用したMVNOで、他社と比較しても料金は低価格に設定されています。
また、各プラン、月契約はもちろんですが、年契約も可能となっており、年契約の場合はゆうちょ・コンビニ振込での支払いも可能になっております。クレジットカード以外で契約できる数少ないMVNO提供会社ですので、低価格でクレジットカード以外の支払い方法をお求めの方にはオススメかと思います。

Tikiモバイル LTEライトの詳細はこちら

 

口座振替や振込みで契約できるMVNOとプランの比較のまとめ

・MVNOのほとんどは、契約にはクレジットカードが必要で、口座振替や振込みなどクレジットカード支払い以外の場合は会社が制限され選べない。
・今回ご紹介したMVNOのプランも十分料金は安く、クレジットカードでの支払いが難しい場合は、オススメの会社。
・口座振替の場合、追加料金が発生する場合もあるので、事前にWEBサイトでの確認や直接お問い合わせするのがオススメ。
デビットカードで契約できるMVNO(格安SIM)もあるので、デビットカードをお持ちの方にはオススメ。

 
※実際の情報とは異なる場合がありますので、詳細は各WEBサイトをご覧ください。

 - MVNOの基礎知識, MVNOの比較

1 楽天モバイル
楽天モバイル

5分以内の国内通話なら何度でもかけ放題になる「5分かけ放題オプション」あり

  •  ドコモ回線
  •  かけ放題あり
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額525円~

2 mineo
mineo

ドコモ回線を利用した「ドコモプラン」とau回線を利用した「auプラン」が選べる

  •  ドコモ回線
  •  au回線
  •  通話定額あり
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額700円~

3 LINEモバイル
LINEモバイル

LINEやTwitter、Facebook、Instagramのデータ消費がゼロのプランが魅力

  •  ドコモ回線
  •  カウントフリーが充実
  •  音声通話対応
  •  MNP対応
  •  スマホセットあり

月額500円~

  関連記事

MVNO(格安SIM)
SIMロック解除とは?

2015年5月からSIMロック解除が義務化されました。 これにより、大手キャリア …

arrows M02
ARROWSのスマートフォン・タブレットが使えるMVNO(格安SIM)の比較

このページでは、富士通のスマートフォンやタブレット「ARROWS」シリーズの動作 …

固定IPアドレスが利用できる格安SIMを提供するMVNOの比較
固定IPアドレスが利用できる格安SIMを提供するMVNOの比較

一般的に「格安SIM」や「格安スマホ」などは知られるようになってきており、現在実 …

MVNO(格安SIM)
au回線のMVNO(格安SIM)を比較

docomoやauなどの大手キャリアから乗り換えると毎月の携帯料金が1/3になる …

FREETELと楽天モバイル
FREETELと楽天モバイルどっちがおすすめ?料金やサービス、評判を徹底比較

データ量が100MB~10GBの6段階プランが特徴のMVNOサービス「FREET …

HUAWEI P8lite
HUAWEI P8liteがセットで購入できるMVNO比較

6月19日に、HUAWEIの格安スマートフォン「HUAWEI P8lite」の発 …

LTE使い放題プランのあるMVNO全4社
LTE使い放題プランのある主要MVNO4社を徹底比較

MVNOの格安SIMで魅力的なプランといえば、速度制限を気にすることのないLTE …

MVNOとの相性抜群!3万円前後で購入できるSIMフリースマートフォン比較

今、ASUSやHUAWEIだけでなく、AcerやHTC、ZTEなど様々な企業が日 …

最安値のMVNO
とにかく安く!データ通信のみで、最安のMVNO(格安SIM)を比較

音声通話は不要!通信速度も気にしない!! とにかく、毎月のデータ通信費用をできる …

国際電話対応のMVNO比較
国際ローミングに対応したMVNOの比較

海外に多く行かれる方は、MVNOで国際ローミングに対応しているかどうかは重要な要 …